チョコやナッツをふんだんに使ったイギリス発のクッキー

写真拡大

12月13日(火)、東横線・大井町線自由が丘駅構内にある「エトモ自由が丘」に、イギリス発のクッキー専門店「Ben's Cookies」(ベンズクッキー)の日本第1号がオープンする。

【写真を見る】世界で愛されるイギリス発のクッキー専門店がついに日本上陸!

同店は1984年にイギリスのオックスフォードに1号店を構えたクッキー専門店で、現在ニューヨークなど世界7か国で直営店を運営している。1枚1枚手作りで焼き上げるスタイルが人気で、保存料、添加物、着色料を使わず、しっとりとした食感が世界中で長く愛されている。

日本第1号店でも、イギリスの1号店と同様に店舗内に専用の厨房を設け、出来たての手作りクッキーをその場で提供。人気の「ダークチョコレートクッキー」をはじめ、マカダミアナッツが丸ごと入った「ホワイトチョコレート&マカダミアクッキー」など、上質なベルギーのチョコレートをたっぷり使った全16種類のクッキー(各税抜270円)を販売。また、オープン記念として4000円(税抜)以上購入するとオリジナルマグが手に入る(数量限定、なくなり次第終了)。

老舗から話題の新店まで多くのスイーツ店が立ち並び、モンブラン発祥の地としても知られる「スイーツの街」自由が丘。記念すべき日本1号店の味をぜひ楽しんで。【ウォーカープラス編集部/米木】