池田、正岡ともに笑顔になれる結果となった(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<男子賞金ランク>
男子ツアー「カシオワールドオープン」は降雨によるコースコンディション不良のため最終ラウンドが中止。54ホールの短縮競技となり、加算される賞金額は75%となった。
最新の賞金ランキングが発表され、3日目にトータル13アンダーでホールアウトして今季3勝目を挙げた池田勇太が優勝賞金3,000万(75%)を加算して賞金ランク1位をキープ。賞金王争いを大きくリードした。
今季3勝目を決めて、賞金王へ大きく前進した池田勇太
賞金ランク2位の谷原秀人は今大会7位タイ。賞金額を395万3571円加算したが、池田との差は3,076万6,429円。谷原が賞金王となるためには、国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で優勝をして優勝賞金4000万円の獲得が絶対条件。さらに池田が2位タイ(4名以上)、3位タイ以下で逆転で栄冠を手にすることとなる。
また、今大会で自身最高位の2位フィニッシュとなった正岡竜二が賞金ランクを88位から51位と一気にランクアップ。これに伴いシード圏外から、来季のフル参戦権となる第1シード圏内51位にジャンプアップとなった。
大学の2つ後輩ではあるが、まるで正岡が師匠のように接する池田から「シード落ちしたら金輪際付き合わない」と激励を受けていただけに正岡自身、シード入りにほっと胸を撫で下ろしたことだろう。
【男子賞金ランキング】
1位:池田勇太(197,497,703円)
2位:谷原秀人(166,731,274円)
3位:キム・キョンテ(103,310,824円)
4位:ソン・ヨンハン(89,484,537円)
5位:片岡大育(82,771,520円)
6位:松山英樹(80,000,000円)
7位:小平智(73,270,807円)
8位:片山晋呉(62,077,641円)
9位:今平周吾(60,045,477円)
10位:ブラッド・ケネディ(55,524,605円)
11位:マイケル・ヘンドリー(54,054,728円)
51位:正岡竜二(22,751,200円)
<ゴルフ情報ALBA.Net>