横綱・鶴竜(31歳・井筒部屋)が7場所ぶりの優勝を決めた大相撲九州場所で、またひとり、土俵に新たなスターが誕生した。新入幕の石浦(26歳・宮城野部屋)だ。幕内最軽量となる身長173センチ、体重114キロの小さな体を存分に使った、スピード感あふれる相撲で暴れまわり、2日目から怒涛の10連勝。終盤まで優勝争いに絡む大活躍を見せた。

 新入幕(1949年の1場所15日制以降)の10連勝は、大鵬、陸奥嵐に続く3人目の快挙。新入幕で優勝を果たしていれば、1914年5月場所の両国以来となる102年ぶりの大偉業だっただけに、一躍話題の中心に浮上し、スポーツ紙が一面で取り上げるほどの旋風を巻き起こした。

 奇跡の優勝には届かなかったが、10勝5敗の好成績で敢闘賞を獲得。新入幕三賞は今年初場所の正代(25歳・時津風部屋)以来。同じ部屋の横綱・白鵬(31歳)も新入幕だった2004年夏場所で敢闘賞を受賞しており、偉大な兄弟子にひとつ肩を並べたことになった。

 石浦の父親は、大関・琴光喜ら多くの力士が輩出した高校相撲の名門、鳥取城北高校の石浦外喜義監督(55歳)で、自然と幼いころからまわしを締めて相撲に取り組んだ。鳥取城北高校では、同じ宮城野部屋の山口(27歳)と同期で、1学年下にはモンゴルから相撲留学していた貴ノ岩(26歳・貴乃花部屋)がいた。

 レギュラーとして団体戦で全国制覇を成し遂げ、自身も世界ジュニア選手権の軽量級で世界一に輝くなど実績を残し、山口と共に大学相撲の名門である日大へ進学。大学では、1学年下には遠藤(26歳・追手風部屋)がいる環境の中で切磋琢磨していたが、3年時に腸の病気で団体戦のメンバーから外れる。初めての大きな挫折と失望を味わい、卒業と同時に相撲と別れる決意をした。

 2012年春、彼が向かった先はオーストラリア・アデレード。語学留学が目的だったが、当時の心境を「とにかく、相撲を忘れ日本から離れたかった」と振り返る。アデレードでは、格闘家を目指そうとトレーニングに励む一方で、ハリウッド映画のオーディションを受けるなど、様々なことに挑戦した。そのかたわら、知り合いの依頼で現地の子供たちを対象にした相撲教室を開催。そうして指導するなかで「やっぱり、オレは相撲が好きなんだ」と眠っていた思いが沸き上がってきたという。

 ちょうどそのころ、角界に幕下付け出しで入門した山口が、初土俵から3場所で幕下全勝優勝を達成。新十両場所でも9勝6敗と勝ち越す活躍を見せていた。インターネットでチェックしていた大相撲中継の画面の中で、高校時代から切磋琢磨した友が土俵で輝いていた。そんな姿を見て、相撲への想いを抑えながら違う道を模索しようとしていた石浦は、もう一度土俵に戻ることになる。

「人生はたった1回ですから、やりたいことをやらずに生きていくのは逃げることだと思いました。どうなるかわからないですけど、勝負しないと絶対に後悔すると思ったんです。やらないで後悔するより、やって後悔した方がいいですから」

 すぐに父に決意を伝え、横綱・白鵬の内弟子として12月に宮城野部屋への入門が決まった。入門後は、近くにいながら果てしなく遠い横綱の存在が糧になった。最高位を極め、優勝回数、連勝など数々の偉業を達成しながらも、地道に稽古に打ち込む姿に「本場所での集中力、常に相撲のことを考えた生活、あれだけの記録を残しながらもなお、努力を怠らない姿は本当に模範になります」と感心しきり。横綱はまさに生きる教科書だった。

 2013年の初場所で初土俵。春に序ノ口、夏に序二段を優勝。5場所目には幕下昇進を果たし、順調に出世の階段を上っているかに見えたが、ここから壁が厚かった。十両昇進のチャンスがかかった2014年の夏場所では2勝5敗と初めての負け越しを経験。その後も足踏みが続く中で思い出したのも、「人と同じことをやっていても強くはなれない。上に行くためには、ひとつでもいいから人と違うことをやらないといけない」という白鵬の言葉だった。

 そこから稽古場の四股やすり足など、今まで以上の数を自らに課した。午後にはジムで筋力強化に集中し、スクワットでは力士でもトップ級の260キロを持ち上げるまでパワーを磨いた。「人がやらないこと」を日々積み重ねた結果、2015年春に新十両昇進。そして、今場所、新入幕で記録的な大活躍を果たした。

 目標は、昭和の土俵で、小兵ながら真っ向勝負で横綱や大関を苦しめた関脇・鷲羽山だ。同じ伊勢ケ浜一門である元関脇・旭天鵬の大島親方は「あの体は、普段の稽古の賜物。どれだけ努力しているのかが分かります。相撲も迷わず思いっきり取っている姿勢が素晴らしい。今、大型力士ばかりなので小さい力士は逆に相手はすごく嫌なもの。今場所のような相撲を取れば三役も見えてくると思います」と評価する。

 挫折で気づいた相撲への情熱。10連勝からの連敗もきっと来場所への糧にするはずだ。「思い切って取っていきたい」。新年の土俵で輝きを増した石浦がさらなる旋風を起こす。

松岡健治●文 text by Matsuoka Kenji