23日、韓国メディアによると、韓国の出版界で朴槿恵大統領の自叙伝や朴大統領を取り上げた偉人伝が事実上の絶版となり、一部在庫が廃棄されていることが分かった。写真は中国で出版された朴氏の自叙伝『絶望は私を鍛え、希望は私を動かす』。

写真拡大

2016年11月23日、韓国・京郷新聞などによると、韓国の出版界で朴槿恵(パク・クネ)大統領の自叙伝や朴大統領を取り上げた偉人伝が事実上の絶版となり、一部在庫が廃棄されていることが分かった。

朴大統領がハンナラ党議員時代の07年に記した自叙伝『絶望は私を鍛え、希望は私を動かす』は海外でも出版され中国ではベストセラーともなった書籍だが、このほど制作が中断された。朴氏の長年の親友・崔順実(チェ・スンシル)らが逮捕・起訴された一連の事件を受け、ネット上で「絶望と希望?下野(げや)と下獄だ」「タイトルを間違ったんだね。下野は私を鍛え、順実は私を動かす、でしょ」「演説文の一つもまともに書けない大統領が自分で自叙伝を書いたとは信じられない」などの酷評が相次いでいたのだ。

出版元の関係者は「品切れになってから追加制作をしていないだけだ」として絶版を否定しているが、「抗議の電話が多く、出版社のイメージまで悪くなるかと心配」と述べている。

また、小学生の2人の子を持つ主婦のキムさんは最近、家に『朴槿恵偉人伝』があったのを思い出しすぐに捨てたという。「今の状況を見るに朴大統領の発言と行動はほとんどがうそなのに、子どもたちが読んだかと思うと怖くなる」と話す。

他にも朴大統領関連書籍を捨てたり中古書店に売ったりする市民は多く、中古書市場での価格も最近は以前の3分の1ほどに暴落している状態だという。

これについて韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられている。

「鍋敷きになら使えるかな」
「昔ならたきつけにでも使ったんだけどね」
「朴正熙(パク・チョンヒ元大統領。朴大統領の父親)関連書籍も全量廃棄を」

「自分の力で何一つしていない人が自叙伝とは…」
「大統領選の討論会で無知が天をついていたよ。あの時に気付くべきだった」
「自分で書いたわけがない。崔さんちで書いてやったんだろ」

「セウォル号の惨事で流した涙もうそ」
「本代を返して」
「詐欺だ」
「いろんな人に迷惑ばかり掛ける人だな、朴槿恵さん」(翻訳・編集/吉金)