おしどり夫婦のキム・カーダシアンとカニエ・ウェスト (c)Imagecollect.

写真拡大

リアリティースターのキム・カーダシアンが、入院中の夫でラッパーのカニエ・ウェストの看病を献身的に行っているという。

カニエは北米をまわるツアー「Saint Pablo Tour」の残りの公演をすべてキャンセルしたことを発表した直後の現地時間21日に、救急車でUCLA医療センターに運ばれる事態に。ひどい睡眠不足と疲労だと診断され、その後カニエは過度の妄想とうつ状態にあると伝えられた。

そして、関係者はゴシップ誌「Usウィークリー」に「キムは素晴らしいです」「彼女は彼がそのまま続けることができないと分かっていました。彼女は彼のそばにずっといますし、食事を食べさせるのを手伝ったり、彼の隣で横になったりしています」とコメント。さらに「キムは子供たちに会う以外は彼のそばを離れません」「彼女はずっと病院にいます。キムは彼を厳重に監視していて、ほかの人々に彼の邪魔をさせません。さまざまな人々が電話をし、花を贈りました。しかし、彼女は彼を緊張させないように注意深くなっていて、彼が休んで回復するようにしています」と話している。

キムは先月初めにフランスのパリの滞在先で警察官の格好をした男たちに銃を突きつけられて、指輪やジュエリーボックスなど総額1000万ユーロ(約11億1000万円)を盗まれた。その後は公のイベントへの出席やソーシャルメディアの更新を控えている。