27日、リオ五輪の男子卓球シングルスで水谷準に敗れたシュー・シンがアスカ・ヤンのコンサートで公開プロポーズに成功した。写真は左からアスカ・ヤン、ヤオ・イエン、シュー・シン。

写真拡大

2016年11月27日、リオ五輪の男子卓球シングルスで水谷準に敗れたシュー・シン(許[日斤])が、台湾の男性歌手アスカ・ヤン(楊宗緯)のコンサートで公開プロポーズに成功した。新浪が伝えた。

【その他の写真】

リオ五輪の男子団体で金メダルに輝いたシュー・シンは、元世界ランキング1位のスター選手。男子シングルスでは、水谷準が初めてシュー・シンを破ったことが、日中両国で大きな話題となった。

かねてから同じ卓球選手で元中国代表、現在は上海卓球チームに所属するヤオ・イエン(姚彦)と交際中だったが、26日に公開プロポーズを行った。

プロポーズの場所となったのは、同日夜に上海で行われたアスカ・ヤンのコンサート会場だった。アスカ・ヤンの大ファンを公言しているシュー・シンはこの日、ステージ上に招かれてアスカ・ヤンとデュエットを披露。これに続き、客席にいたヤオ・イエンの元に駆け寄り、花束を捧げてプロポーズ。花束は「一生ずっと一緒に」という熱い言葉とともに、無事ヤオ・イエンに受け入れられている。

シュー・シンは1990年生まれの26歳で、お相手のヤオ・イエンは2歳上の28歳。2人は13年前に知り合い、09年に交際をスタートした。プロポーズ成功後、シュー・シンは中国版ツイッター上で、会場を提供してくれたアスカ・ヤンやスタッフに向けて感謝のメッセージを投稿している。(翻訳・編集/Mathilda)