チョン・ドヨンとコン・ユが初共演 (C)2016 showbox and bom film
productions ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

 「シークレット・サンシャイン」で第60回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞したチョン・ドヨンと、「トガニ 幼き瞳の告発」のコン・ユが初共演を果たした「男と女」の予告編を、映画.comが先行入手した。

 映画は、冬のフィンランド・ヘルシンキで偶然出会ったサンミン(チョン・ドヨン)とギホン(コン・ユ)の愛の軌跡を描く。一夜限りの愛を育み、互いの名前を知らないまま別れた2人が、8カ月後ソウルで再会。それぞれの日常に戻ったサンミンとギホンが、再び“男と女”として、愛し愛されることの喜びと快感に溺れていく。「愛している、愛してない」などを手掛け、「素晴らしい一日」でドヨンとタッグを組んだイ・ユンギ監督がメガホンをとった。

 ピアノの美しい旋律が象徴的な予告編では、フィンランドの幻想的な雪景色の中、サンミンとギホンが距離をとりながら歩く姿を映し出す。やがて誰もいない山小屋にたどり着いた2人は、次第に距離を縮めていき、優しくキスを交わしている。コンは本作が恋愛映画初出演となり、ドヨンとの美しくも情熱的なラブシーンの一部も確認できる。

 また、サンミンとギホンがソウルで再会を果たし、2人の愛が徐々に再燃していく様子も切り取っている。だが、サンミンの「もう会わないほうがいいわ」というセリフや「愛してはいけない人を愛してしまった。」というテロップによって、サンミンとギホンの運命的な恋が順風満帆なものにはならないことを予感させている。

 「男と女」は、2017年2月4日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開。