写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東芝メディカルシステムズ(東芝メディカル)は11月28日、インフルエンザ迅速検査システム「Rapiim」を12月上旬に販売開始すると発表した。

同システムはウイルスなどの抗原の有無を自動で判定する同社製のタンパク質分析装置「Rapiim Eye 10」に、独自開発の専用体外診断用医薬品であるインフルエンザウイルスキット「Rapiim Flu-AB」を組み合わせて使用するもの。A4用紙の1/2程度のスペースに設置することができる。

Rapiim Eye 10は、検査カートリッジ内部にて、抗原抗体反応により捕捉された微量なインフルエンザ抗原を分析装置の光により検出するもので、鼻かみ液などのウイルス量の少ない検体種でも感度良く検出可能。同システムでは、試料と試薬を調製してから検査カートリッジに滴下するまで3ステップの操作で検査することができ、測定時間は8分。判定結果は分析装置が自動で陽性・陰性を判定し表示するため、従来品の課題であった目視による判定のばらつきを低減しているという。

(周藤瞳美)