【今さら聞けない】BMWのグレードで見かける「M」って何?

写真拡大 (全14枚)

もともとは1972年に誕生したBMWモータースポーツ活動を担う会社

BMWのラインアップにおける「M」といえば、各モデルにおけるハイパフォーマンスといった位置づけ。セダンやクーペでは「M#(#はシリーズの数字)」、クロスオーバーでは「X#M(#はシリーズの数字)」といった車名と、特別なハイパワーエンジンが与えられている。

その「M」モデルの開発を一手に引き受けているのがBMW M有限会社であることは知られている。では、そのMは何を意味しているのだろうか。それを知るには、BMW M社の創業まで遡る必要がある。

もともとBMWのモータースポーツ活動を担う、いわゆるワークスとして生まれたのが「BMW モータースポーツ 有限会社」。この組織が、後にBMW M社へと改名している。つまりMが示すのはモータースポーツというわけだ。

さて、BMWモータースポーツ社が生まれたのは1972年5月。翌1973年からのレース、ラリーへのワークス参戦を目的としていた。そのリーダーとなったのは、元ポルシェワークスドライバーだったヨッヘン・ニーアバッシュ氏。名車2002に2リッター4気筒4バルブエンジンを載せたマシンがラリー用に、3.3リッター6気筒2バルブエンジンを載せた3.0CSLがサーキットレースに向けて用意された。

参戦初年度からル・マンでクラス優勝を果たすなど完璧ともいえる成果を残したBMWモータースポーツ社だが、あくまでもレーシングカーを製作とマネージメントが業務内容であった。

Mの名を冠したクルマの歴史は1978年のBMW M1から

しかしユーザーの要望を受けて、1974年からは市販車との関わりがはじまる。5シリーズをベースに同社のノウハウを注ぎ込んだ特別なクルマが生み出されていく。

そして1978年、日本ではスーパーカー・ブームだった頃、ついにオリジナルの一台が登場する。それがミッドシップに直列6気筒エンジンを搭載した「BMW M1」である。基本的にはレーシングカーとして開発されたマシンだが、ホモロゲーションの関係で市販版が必要となったのだ。

当初、ランボルギーニと関わりのあったM1は、結果的にイタルデザイン社が組み立てを行なうことになる。それにしてもM1のフロントマスクが、1972年にBMWが初めて生み出した先進安全コンセプトカー「BMW Turbo」と相通じるものがあるのは、1972年がBMWモータースポーツ社創業年ということもあり、何やら因縁めいたものを感じさせる。

こうして初めて「M」の名前を冠した市販車が生まれたわけだが、その次にMを冠した市販車が出てくるまでには少々の時間を要した。F1へ1.5リッター4気筒ターボエンジンを供給するなど、本業といえるモータースポーツ活動が忙しかったことも理由だろう。なにしろ、この4気筒エンジンはネルソン・ピケというチャンピオンを生み出したのだ。

結果的に、M1の3.5リッターエンジンを積んだスポーツサルーンが1984年に誕生する。それがM635CiクーペとM5だ。外観は量産モデル同様ながら、ハイパフォーマンスを発揮するというMの流儀が生まれたのもこのときだ。

そして1986年にはグループAカテゴリーにおいてラリー、レース問わず活躍した名車中の名車「M3」が生み出された。レースを前提に開発されたS14型4気筒エンジンを積んだM3は、なんと2万台に迫るヒットモデルとなった。

この初代M3以降、BMWのラインナップにおいて「M#(#はシリーズの数字)」モデルは欠かせない存在となる。当初はBMWのモデルラインが少なかったこともあり、「M3」、「M5」だけに限られていたが、Z3をベースとした「Mロードスター」、「Mクーペ」が登場するなど、徐々に拡大していく。そうして、現在の「M」のフルライン化といえる状況になったのである。

(文:山本晋也)