24日、韓国人観光客に対し大量のわさびを入れたすしを提供していたいわゆる「わさびテロ騒動」が問題となった大阪で、韓国人女性が韓国の伝統衣装を着て「フリーハグ」を行う動画が話題になっている。

写真拡大

2016年11月24日、韓国人観光客に対し大量のわさびを入れたすしを提供していたいわゆる「わさびテロ騒動」が問題となった大阪で、韓国人女性が韓国の伝統衣装を着て「フリーハグ」を行う動画が話題になっている。

「韓国人が反韓デモでフリーハグをしてみた」と題する動画には、韓国の伝統衣装を着た1人の韓国人女性が登場する。女性は「私は韓国人です。今、隣の通りではヘイトデモが行われています。でも、私はあなたを信じます。一緒にハグしませんか?」と書かれた札の横で目隠しをした状態で立っている。近くでは日の丸と旭日旗を掲げたデモ隊が行進している。

日本の市民たちは初めは女性を遠巻きに見ていた。しかし、1人の日本人女性が両手を横に広げて近づきハグをすると、他の市民たちも次々にハグをし始めた。中年男性や幼い子供、若い女性、学生など多種多様な人たちがフリーハグに参加した。

動画は最後、「憎しみから平和は生まれません。共に歩み寄り、お互いに笑顔でいられる、そんな未来を一緒に作りませんか?」という文で締めくくられている。

動画を見た韓国のネットユーザーは「今まで見たフリーハグの映像の中で一番感動した」「かっこいい。ハグをしてくれた日本人もとても素敵な表情をしている」「温かい気持ちになれた。ありがとう」「こういう小さな歩みが大きな和合につながりますように」などのコメントを寄せている。(翻訳・編集/堂本)