写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●そもそも「お金」って何?
自動家計簿アプリを提供するマネーフォワードは11月24日、学校法人聖徳学園聖徳学園中学・高等学校(東京都武蔵野市)にて公開授業「18歳からのマネーフォワード」を実施した。このレポートでは、授業の様子をお伝えする。

○「お金とは何か?」をみんなで考える

高校2年生を対象にした公開授業の講師はマネーフォワード取締役 Fintech研究所長の瀧俊雄さん。生徒たちはまず、最初のテーマ「そもそもお金とは何か」についてグループワークを行い、それぞれのイメージする「お金」について意見を出し合った。

【高校生が考える「お金」とは?】
「モノの価値基準を表す、売買に必要なもの」
「人類が作った最大の概念」
「お金があれば愛以外は買える(愛はお金じゃ買えない)」
「モノの価値や人の努力など、目に見えないものを表す形」
「生きていくのに必要、場合によっては命より価値があるもの」

高校生の答えに対し、瀧所長は「交換の手段であるが、それだけではない、感情を揺さぶられるもの」と解説を行った。

○「お金」と「幸福度」は比例する?

続いてのテーマは「お金があると幸せになれるのか」。お金と幸せは比例するのか、高校生からは次のような意見が集まった。

【お金があると幸せになれる?】
「最低限度は比例するが、ある線を越えると比例しない」
「お金持ち全員が幸せとは限らないが、あった方が幸せ」
「『もっと欲しい』と欲が出るから、幸せにはならない」
「コツコツ貯めたお金に関しては比例するかもしれないが、宝くじのようにいきなり手にした大金は幸せにはなれない」
「お金があることで基本的欲求は満たされるのは事実。かといって『お金がない人が不幸』かどうかはわからない」

生徒たちの指摘にあるように、瀧所長も「不幸にならないためには、ある程度のお金は必要」と述べる。

瀧所長「幸福度とお金の関係性について調べた研究によると、基本的な生活をするぐらい、日本で言うと300〜400万円ぐらいまでは幸福度とお金は比例します。しかし、それ以降は比例しなくなる。人によるんですね。また、国によっても結果は異なります。日本人は年収400〜500万円で不幸でも、ある国では年収40万円で幸福かもしれない。一概には言えないですが、『お金があると幸せになれる』というよりも、どちらかというと『不幸せにならないためにはお金が必要』ということを意識してみるといいと思います」

ある程度は必要だが、急に大金が入ると逆に不幸になる、という事例は宝くじの高額当選者にも見られることだ。瀧所長が公開授業で語ったように、高額当選で仕事を辞めるというのは絶対にやってはいけないことだという。

瀧所長「高額当選すると、当選者の手引をもらえます。それに書いてある『当選者がやってはいけないこと』には『仕事を辞めること』があります。仕事を辞めると、暇になりますよね。ですが、会社員の友人は昼働いているので遊ぶ人がいない。『自分がお金を出すから』といって平日の昼に遊んでくれる人を誘っているうちに、お金がなくなってしまうのです」

●「成人年齢18歳」で起こりうる未来
○18歳になったらできること

最後のテーマは「18歳になったらできるようになること」。例えば18歳以上になると「クレジットカードの作成」が可能になる(ただし、未成年の場合は親権者の同意が必要になる上、親権者は未成年が結んだ契約に対しての撤回権も有する)。

瀧所長「18歳になると作れるクレジットカードは、手持ちがなくても使える便利なものです。ただ、延滞すると(信用情報に残るので)後々家を買うときなどに困ったりします。ですから、払える額だけを使うこと。作る分にはいいけど、払えなくなるまで使うのは駄目です」

また、大学生になれば「一人暮らし」を始め、入学した大学では「いろいろな人と出会う」人も多いだろう。これらは自立心が養われるなど、プラスの面があるが、同時にマイナスの要素もある。

瀧所長「一人暮らしで一番気をつけることは『暇であること』です。暇をアルバイトや友達付き合いで埋めるのですが、予算のないところでやることが多い。初めて『やりくり』をしないといけなくなります。そういうときに、面倒臭がらずにきちんと計画を立てること。また、大学やアルバイト先では『本当にいろいろな人』と出会います。そういう人たちはすごく楽しそうに生きていることもあるでしょう。お金の使い方がぜんぜん違う人と付き合うときに、ファッションなど身の丈にあっていない自己主張のための支出がかさむことがあります」

瀧所長によると、18歳から起こりうるこの3つの要素が重なると、お金のトラブルにつながりやすくなるそうだ。

瀧所長「『クレジットカード』『一人暮らし』『いろいろな人に出会う』の3つが良くない状態で同時に重なると、借金などお金のトラブルを抱えることになってしまうのです。ちゃんと、『何のためにお金を使っているのか』を意識してみることが重要です」

○終わりに

「高校2年生向けの金融教室」と聞くと、「ちょっと早すぎるのでは?」と思う人もいるかもしれない。

だが、ここ数年で「18歳」という年齢に対する定義は「子供」から「大人」に大きく変わろうとしている。2016年6月に施行された改正公職選挙法に基づき、選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられたことは記憶に新しいし、9月には政府が成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げるための民法改正案を翌年の通常国会に提出する方針を固めた。

現在の法律にもとづいて「大人」と「子供」の違いを考えると、大人(20歳以上)には飲酒や喫煙が認められ、クレジットカードの作成やキャッシング・ローンなどの契約を保護者の同意なしに結ぶことが可能になっている。法改正で18歳が成人となると、高校生もしくは高校卒業直後の青年にも前述の権利が付与される可能性がある。

しかしながら、権利の対象がより拡大される一方で、日本の教育現場ではお金に関して実践的な教育を受ける機会が圧倒的に不足している。また、家庭でお金に関する教育を行っているという人もそれほど多くないだろう。

そうした「お金の知識不足」が原因で、自分をうまくコントロールできない若年層がトラブルに巻き込まれることは想像に難くない。成人年齢を20歳と定める現在でも、知識を持たないまま大学生になった若者がクレジットカードを使いすぎて延滞してしまったり、安易な気持ちで借金を負ったりとお金のトラブルに巻き込まれている。

ましてや成人年齢が18歳からとなり、親権者というストッパーが外れる時期が早まると、それだけお金に振り回される「リスク」も高まる。そう考えると18歳からのお金の教育は早すぎる、ということはなく、むしろ遅い、とすら言えるのかもしれない。

(関根千尋)