写真提供:マイナビニュース

写真拡大

朝日新聞社は、同社が提供する音声ニュースアプリ「アルキキ」において、1日100本以上の音声ニュース、ジャンルをカスタマイズして聞ける有料機能「アルキキ+(プラス)」を追加したバージョン「アルキキVer2.0」を公開した。同社公式サイトよりリンクをたどり、ストアからダウンロードできる。

アルキキは、同社のベテラン記者がピックアップした朝刊主要ニュースや昼、夕方と1日最大30本程度の音声ニュースをアプリで聞くことができる無料アプリとしてiOS、Android用に公開されてきた。2016年4月の公開依頼、新聞記事を音声合成技術で読み上げる"ニュースを聞く"というスタイルが受け入れられ、利用者は増加しているという。

今回同社が新たに追加した有料機能「アルキキ+」では、新着の文字ニュース配信後速報で音声配信し、配信数は100から150本。カテゴリには「最新100」のほか「政治」、「社会」などジャンルや優先度を選べるもので無料版と比較して機能が大きく向上しているほか、記事の見出しやインタフェースも改善されている。新機能「アルキキ+」は、アプリ内課金で月額240円(3カ月600円、初回30日間は無料)となる。iOS8以降、Android4.4以降に対応する。

(長岡弥太郎)