画像

写真拡大

 サイバーエージェントは、AI研究組織「AI Lab」において、米イェール大学の成田悠輔氏をアドバイザーに招聘した。これにより、アドテクノロジー分野における経済学の応用を進めていく。

 サイバーエージェントは、人工知能をアドテクノロジーに活用するためのAI研究組織「AI Lab(エーアイ ラボ)」において、米イェール大学の成田悠輔氏をアドバイザーに招聘し、産学連携を開始した。

 成田悠輔氏は、米イェール大学の経済学部とCowles Foundationにて研究に従事し、因果推論・計量経済学とその市場設計(マーケットデザイン)・教育・労働などへの応用において期待を集める若手リサーチャー。

 同氏の招聘により、「広告によるユーザー体験やブランド体験への影響の因果関係の推定」や「広告取引における価格決定メカニズムの改善」といった課題に取り組み、アドテクノロジー分野における経済学の応用を進めていく。

MarkeZine編集部[著]