50代までの人間関係で幸福度が決まる

写真拡大

■成功とは、「富」「名誉」、あるいは……?

一生を通して、私たちを健康で幸福にしてくれるのはなんだろう? そう問われて、思い浮かぶ答えはなんだろうか。ハーバード大学の心理学者ロバート・ウォールディンガー教授らによる成人発達研究によると、8割の人は「富を蓄えること」と答え、そのうち5割の目標はさらに「有名になること」としたという。

1930年代に始まったこの研究では、75年間724人の男性を追跡記録していった。史上最長期間をかけて成人の生活を追った調査で、教授はその4代目の研究主任だ。この調査では、ふたつの環境下から研究の対象者を選んでいる。ひとつ目のくくりはハーバード大学の2年生で、ふたつ目のグループはボストンの極貧環境で水道すらままならない環境で育った少年達だった。彼らを長期にわたって定期的に訪問してはインタビューを行ない、医療記録までを調査対象としていった。

被験者の人生を追いかけていくと、工場労働者もいれば、弁護士になったもの、レンガ職人や医師、アルコール中毒者や統合失調症患者もいれば、ひとりはアメリカの大統領になったものもいたという。

こうして追跡した何万ページもの情報を見ると、浮き上がってくることがあった。それは人を健康で幸福にするものは、富でも名声でも、いい仕事を得て働くことでもなく……、“よい人間関係を築くこと”に尽きるというのだ。そして、人間関係に関して大きな教訓がみられたという。

ひとつは、家族でも友達でもコミュニティでも、周りとつながりが上手な人は健康で長生きをするというもの。逆に孤独は命取りで、孤立化を受け入れている人は、あまり幸せを感じず、脳機能の減退も早期に始まるという結果だった。

たとえば結婚をして伴侶と一緒にいても、ケンカが多ければストレスはたまるし、健康には悪影響となる。さらに、人といても孤独を感じることになるだろう。愛情があるいい人間関係を築くことが、人を守ってくれるというわけだ。

では、先ほどの被験者たちが80代になったとき、誰が幸せな80代になったのだろうか……。

■職場で必要な声がけのバランス配分とは

まずは50代の頃のデータにさかのぼってみると、医療データをもとに「コレステロール値が」などと言われそうだが、そこは関係ない。むしろ、50代の人間関係の満足度が高かった人が、80代の幸福度を予測するために役立ったとされた。

さらに人間関係は、身体の健康だけでなく脳をも守ってくれるという結果も出ている。しっかりとした人間関係があり、何かあった時に「本当に頼れる人がいる」と感じている人の記憶は、年をとってもはっきりしたままであることが多かった。75年間に渡る研究結果として、定年退職後に一番幸福な人は、仕事仲間に代わる新しい仲間を自ら進んでつくった人達。そして、もっとも幸せに過ごして来た人は「人間関係を大切にした人々だった」そうだ。

では、職場でこうした人間関係をつくるためには、どのようにしていったらいいのだろうか。

ワシントン大学のジョン・ゴットマン博士らは、主に夫婦や友人の人間関係に重点を置いて人間関係の特徴を研究し、ポジティブな言葉とネガティブな言葉のバランス比率を提唱した。たとえば親と子どもなら信頼関係が強いためにポジティブ3:ネガティブ1くらいの言葉がけが効果的。それが他人同士の上司と部下なら、褒めと注意は4:1くらいがちょうどいいという。相手に認められた上で受ける忠告なら、ある程度素直に受け入れられそうだ。

人間同士が何かをすれば、対立が生まれることもある。けれども、対立そのものが人間関係の問題ではなく、その対立をどう処理するかが大きな問題となってくる。相手を認めることで人間関係は潤滑になるものだ。

業績が上位の人の9割は人間関係に巧みであり、人間関係を壊しがちな人には、次のような4つの特徴がみられるという。

■やってはいけない人間関係のタブー4

職場にいれば、人間関係など日常的に自然と気にかけているし、どなたも経験からそれなりの対処は心がけていることだろう。それでも、あれこれトラブルが生じるのも常である。だから、自分が次のようなことをやっていないかだけ気を付けておきたい。

「批判」
建設的な議論のためでなく、単なる悪口に陥っているとき。たとえば、相手の人柄や興味などを攻撃する、具体的な提案がないまま否定するなど。
克服法:フィードバックは1回ひとつのみにとどめることで論点がずれず、あくまでもフィードバックであり、批判としてとられにくくなる。

「軽蔑」
相手を尊重せずに、やりこめるためにキツイ言葉を言ったり、侮辱するような言葉を投げる、あるいはそうした態度を示すこと。
克服法:どうしても尊敬できない相手でも、「立場の違う人とつながることは価値がある」と考えて、自分のメリットにつなげるようなつきあいをする。

「自己弁護」
自分の責任を逃れようと言い訳をしたり、苦情に対して不満を感じるなど、自分を守るために相手の意見をはねつけてしまう。
克服法:相手の意見に同意しないまでも、話に耳を傾ける努力をし、対立している問題を解決し、互いに納得できる地点を見つける。

「話し合いの拒否」
議論をしていて、一方的に話し合いを終わらせたり、拒んでしまったりすること。沈黙をしたり、冷ややかな態度をとったりすることで相手も話し合いの場に出てこなくなり、お互いに解決する場を失う。
克服法:話し合いの席につくこと。アイコンタクトやうなずくなどで相手との話し合い・議論に参加している態度を見せるだけでも、人間関係はスムーズになる。

50代までの人間関係が、人生の成功や幸福度を決めるという。ならば、今一度この職場でのあり方も見直してみたい。仕事に長けた人の9割はこの人間関係をうまくこなし、そして人生の後半も楽しくすごす基盤をつくっている。研究結果からも、一般的な経験論からも、一時的なことに目くじらをたてずに一枚上手に出てやることで、自ずと人生の勝者となれそうだ。

[脚注・参考資料]
Robert Waldinger, What makes a good life? Lessons from the longest study on happiness, TED X Beacon Street, 2015
John Gottman, The Gottman Institute, The Four Horseman

(上野陽子=文)