業務提供契約を結んだ松本山雅FCの加藤善之副社長兼GM(写真左)とゲイラン・インタナショナルFCのベン・テン会長(Photo by Leo Shengwei)

写真拡大

 いま、アジアサッカーが熱い。東南アジアや中国、インドなどの新興国でサッカーが爆発的な人気を博してきており、その経済規模も日本サッカーを凌駕するものが出てきている。サッカーのレベルも徐々に日本や韓国などの強豪国に近づいてきており、色んな意味で無視できない存在となってきている。

 東南アジアのハブ都市、シンガポール。ASEAN諸国でも群を抜く圧倒的な経済発展を遂げている同国では、日本人も驚くような先進国らしい建物や施設が溢れている。2014年には建国50周年を記念した新国立競技場が完成し、スポーツ分野でもアジアのハブを目指している。一方、Jリーグ発足前の日本のように、街にはお金が溢れているものの、サッカー界はいまだ低空飛行を続けている。周辺国のサッカーが著しい成長を遂げる中、シンガポールの存在感が薄まりつつあり、同国サッカーファンには不安が募っている。

 アジア全体のサッカーのレベルを引き上げることで日本サッカーのさらなる発展につなげ、さらにはアジア各国からのスポンサー獲得や放映権の販売など経済的なメリットを得ることも目標に掲げているJリーグの「アジア戦略」。その第一歩として進められてきたのが、アジア各国のリーグとのパートナーシップ協定の締結だ。2012年のタイ・プレミアリーグ(当時)を皮切りに、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、インドネシアなど東南アジアを中心に10カ国のリーグと提携している。シンガポールのプロリーグ「Sリーグ」とも2013年にパートナーシップ協定を結んでおり、これまでにJリーグの運営ノウハウの提供やスタッフの派遣などを行ってきた。

 Jリーグ側でシンガポールを支援する「担当クラブ」に選ばれているのがJ2・松本山雅FCだ。

 松本のメインスポンサーである精密機器メーカー「エプソン」が、シンガポールサッカー協会のスポンサーも務めていたことが縁となり、昨年末にはワールドカップ予選の日本戦で大活躍したシンガポール代表のGKイズワン・マーブドを練習参加させたほか、今年3月には松本のユースチームのコーチがシンガポールを訪れてアンダー世代の選手に指導を行ったり、シンガポールのサッカー少年を松本に招待するなど、シンガポールサッカーとの交流を推進していた。

 そして今回シンガポールとの関係をさらに一歩進展させる形で、Sリーグに所属する「ゲイラン・インターナショナルFC(GIFC)」との業務提携契約に調印した。

 GIFCもエプソンの現地法人が昨年からメインスポンサーを務めており、それがきっかけとなって両クラブ間の交流が始まった。

 今回の業務提携では、両クラブ間で経営やチーム強化に関する知識や経験を共有し、両クラブの発展とシンガポールと日本のサッカーのさらなる普及を目指すとともに、サッカーを通じて両国の国際交流を深めることが目的となっており、両クラブ間での選手やコーチの派遣も提携内容に含まれている。

 業務提携に先立ってGIFCのベン・テン会長は松本を訪れ、サッカークラブが地域を盛り上げている様子を見て深く感銘を受けたという。調印式でのスピーチで述べた「松本山雅のような尊敬に値するクラブと提携できたこと興奮している」という一節も社交辞令だけではないだろう。

 さらにベン会長は「松本はとてもオープンな姿勢で業務提携の話を進めてくれ、様々な面で協力することを約束してくれた」とした上で、松本からの選手獲得を目指して交渉中であることも明らかにしており、「来季は我々にとって非常に重要なシーズンであり、そのためにも松本から選手を獲得できることを望んでいる。チームのパフォーマンスを向上させてくれるだけでなく、ほかの選手たちが松本の選手から直に学ぶこともできるだろう」と期待をにじませた。