根室では日本とソ連の思惑が交錯した

写真拡大

 日本有数の漁港たる北海道・根室は「国境の街」としての顔を持つ。戦後の冷戦体制下にあっても、ソ連との接触は途絶えなかった。ジャーナリスト・竹中明洋氏が、根室アンダーグラウンド史を掘り起こす。

 * * *
「そんな昔のことを聞いてどうすんべ」

 10月中旬、早くも冷え込む北海道東部の根室で、漁港を歩き回ってようやく見つけた70歳の老漁師にいきなりそう怒鳴られた。

 老漁師はかつてのレポ船の船員だ。レポ船とは、ソ連の国境警備隊に金品や情報を提供する代わりに北方四島周辺の海での漁を許可された船のことである。「赤い御朱印船」とも呼ばれた。老漁師に声をかけ続けていると、ぽつりぽつり当時のことを話し始めてくれた。

「FAXやラジオ、釣り具、女ものの下着を見繕って渡すと喜ぶんだ。その代わりに国後の沖でカニやウニをたんまりと取らせてもらう。向こうには必ず日本語ができるのがいて、海保の職員に知り合いはいないかと聞かれたこともあったな」

 レポ船が登場するようになったのは、戦後間もなく。ソ連に追われて島から根室に引き揚げた漁師たちが中心となり、かつて自由に漁をしていた四島周辺の海に入り、国境警備隊と拿捕や臨検で接触を繰り返すうちに始まったと言われる。

 次第に金品を渡す他、警察や海保、自衛隊などの情報を求めに応じて提供する者まで現れるようになる。れっきとしたスパイ行為だが、日本では、取り締まる法律がない。老漁師も根室市内の自衛隊基地を写真に撮って渡したことがある。

 日本の公安当局も黙って見過ごしていたわけではない。船員を二重スパイに仕立て上げ、ソ連側がどんな情報を必要としているのか探った。1980年6月21日付『北海道新聞』には、レポ船主と警察官とのやりとりを密かに録音した記事が掲載されている。

レポ船主:いよいよあす、ソ連へいくわけさね…。

警官:巡視船と出合うことはないだろうね? 警察について聞かれることないかい?

レポ船主:(警察との関係は)一切持っていないということで話してあるんでね。

 その後、船主はソ連側から、日本の公安調査局の係官をレポ船に同乗させてほしい、との依頼があったことを明かす。ソ連側の意図はよく分からないが公調側は断った。その言い訳に苦慮する船主に対して、「努力している素振りを見せとけば(ソ連から関係を)切られない」「なんぼでもするから」と警官がなだめる。

 記事にはレポ船主とソ連の国境警備隊幹部との生々しいやりとりもある。ソ連側は日本語が達者だ。

ソ連:おー。サッポロビールおいしい。

レポ船主:よければコーラあります。肉でもたかせますか? (中略)

レポ船主:ところで、この間の約束の話ですけど、単冠(ひとかっぷ)付近で操業してますが、カニの漁が無いので国後の方の海を使わせてもらいたい…。

ソ連:警備兵たちに聞いてから…。あとで彼と話してくれ…。

 ソ連のお墨付きを得て四島周辺で漁をすれば、10倍の漁獲量になったという。

 最盛期の1970年代には数十隻ものレポ船主の中から、元警察官ながら10隻もの元締となり、さらにはそれを元手にキャバレー経営にも乗り出した「北海の大統領」こと石本登のように巨額の稼ぎを手にする者も現れた。

 根室中心部からやや外れた住宅街に自宅があるAもその1人だ。家人に聞くと、すでに5年前に亡くなったという。

 1980年にこのAの自宅を関税法違反で家宅捜索した根室署の捜査員らは驚くべきものを発見する。国内の右翼の動向を調べた公安調査庁の内部資料が出てきたのである。取り調べにAは資料を旭川公安調査局の課長からもらったと供述。課長は地検に呼ばれ事情を聞かれたが、二日後に自殺した。ソ連側の情報を得る見返りにAに内部資料を提供していたのであろう。

 Aはこうした一級資料を、さらにソ連と取引することで日ソ秘密情報の仲介人として暗躍していたと地元では囁かれている。

 1970年代後半になると、レポ船を押しのけるようにして「特攻船」が現れる。高出力の船外機を三基も四基も並べ、馬力は1000馬力にも達した。燃料は一般の漁船が用いる重油ではなくガソリン。四島周辺で密漁を行い、ソ連の警備隊の船が近づけば、全速力で国境の海を疾走して逃げた。

 だが、栄華を誇ったレポ船や特攻船は、海保とソ連の国境警備隊が合同で取り締まりを強化したことで、1990年頃を境にぱたりと姿を消す。

●たけなか・あきひろ/1973年山口県生まれ。北海道大学卒業。在ウズベキスタン日本大使館専門調査員、NHK記者、週刊文春記者などを経てフリーに。

※SAPIO2016年12月号