山口百恵(1977年)

写真拡大

横浜美術館で2017年1月4日〜2月28日、写真家の篠山紀信の写真展「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN」が開催される。50年以上のキャリアの中から、篠山自身の選りすぐりの約120点が大型パネルで展示される。

展覧会は5つの章で構成されている。(1)GOD ―鬼籍に入られた人々(2)STAR―すべての人々に知られる有名人(3)SPECTACLE―私たちを異次元に連れ出す夢の世界(4)BODY―裸の肉体―美とエロスと闘い(5)ACCIDENTS―2011年3月11日―東日本大震災で被災された人々の肖像。

「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN」が初めて開催されたのは2012年、場所は東京だった。その後は全国25カ所で開催し、計75万人以上が訪れたが、関東圏は13年の群馬以来。今回、初の横浜開催となった。

高さ3メートル、幅4.5メートルの山口百恵や、長さ約9メートルの後藤久美子など、特大サイズの篠山写真が目白押し。美術館での写真展に懐疑的だった篠山の「写真力」が美術館の「空間力」と合わさるとどうなるのか。横浜出身の女優・草笛光子や音楽ユニット「ゆず」など、横浜にゆかりのある人物たちの写真も展示される。

1月7日には、篠山紀信が来場してトークショーを行う。定員240人で参加無料。当日の13時半、整理券が総合案内で配布されるという。

横浜美術館は、開館時間10時〜18時。木曜休館だが、1月5日と2月23日は開館する。料金は一般1500円、大学・高校生1000円、中学生600円、小学生以下無料、65歳以上は証明書提示で1400円。