25日、RFI中国語版サイトは記事「オバマ政権、“核兵器先制不使用”宣言を断念」を掲載した。「核兵器なき世界」を目指すと語ってきたオバマ米大統領だが、核兵器の先制不使用宣言を断念したという。写真はホワイトハウス。

写真拡大

2016年11月25日、RFI中国語版サイトは記事「オバマ政権、“核兵器先制不使用”宣言を断念」を掲載した。

「核兵器なき世界」を目指すと語ってきたオバマ米大統領は「核兵器の先制不使用」の宣言を摸索してきたが、ついに断念したという。複数の米政府関係者の証言で明らかになった。

断念した理由としては、第一に米大統領選でトランプ氏が勝利したことだ。たとえ宣言しても次期政権に引き継がれるかは不透明との判断が働いた。また日本をはじめとする同盟国からは抑止力が低下すると反対されたことも要因となった。(翻訳・編集/増田聡太郎)