棄教したとされる神父フェレイラを演じるのはリーアム・ニーソン/Photo Credit Kerry Brown

写真拡大

アカデミー賞やゴールデングローブ賞、カンヌ国際映画祭などで数々の賞を受賞している名監督マーティン・スコセッシが、遠藤周作の傑作文学を映画化する『沈黙-サイレンス-』(2017年1月21日公開)。ついに本作の予告映像が解禁された。

【写真を見る】窪塚洋介が、ロドリゴを長崎へ導くキチジローを熱演!/Photo Credit Kerry Brown

激しいキリシタン弾圧が行われていた江戸初期の日本に、棄教したとされる師の真相を確かめるためやってきたポルトガル人宣教師の体験を通じて、人間にとって本当に大切なものとはなにかを描く本作。今回の映像は「主はおっしゃった。『世界に赴き 全ての者に教えを授けよ』」というセリフで幕を開ける。

これはアンドリュー・ガーフィールド演じる主人公の若き宣教師ロドリゴの独白。その後リーアム・ニーソン演じる神父フェレイラの姿が映り、彼が棄教したと伝えられたロドリゴは日本へ向かう決心を固める。しかし日本はキリシタンを弾圧している時代で、「かの地 日本では苦難が待ち受けている」という言葉と共に送りだされるロドリゴたち。

その言葉通り、窪塚洋介演じるキチジローに導かれ長崎に到着したロドリゴたちに降りかかる多くの困難が次々に映し出されていく。緊張感と煽る音楽と共に、登場人物たちが感情をむき出しにする描写は衝撃的で、1988年に原作と出会ってから映画化を希望し、約28年間の時を経て実現させたスコセッシ監督の熱意が伝わってくる。

ロドリゴが見た想像を絶する日本とは?そして彼を待ち受ける過酷な運命とは?ハリウッドと日本の強力なキャストとスタッフが融合して生まれた歴史大作『沈黙−サイレンス−』からますます目が離せない。【Movie Walker】