26日、中国新聞網は、中国の人口問題専門家の言葉を引用し、中国の人口がピークに達するのは、想定されていた2025年から3年後の28年ごろとみられ、その人数は14億5000万人になると報じた。資料写真。

写真拡大

2016年11月26日、中国新聞網は、中国人民大学社会・人口学院のヂャイ振武(ヂャイ・ジェンウー)院長の言葉を引用し、中国の人口がピークに達するのは、想定されていた25年から3年後の28年ごろとみられ、その人数は14億5000万人になると報じた。

ヂャイ氏は、北京で開かれた人口関連会議で、今年から実施されたすべての夫婦に子供2人の出産を全面的に認める「全面両孩」政策により、中国の人口のピーク到来は3年程度遅れるとの見通しを示した。

中国国家衛生・計画出産委員会の王培安(ワン・ペイアン)副委員長は、今年の年間出生数は1750万人を超える見通しで、2000年前後の年間出生数とほぼ同水準となり、「全面両孩」政策実施当初の想定に基本的に一致すると説明した。(翻訳・編集/柳川)