ジェンソン・バトンがアブダビのホテルに到着すると、そこには1枚のイラストがあり、キャンバスの一番下にはこう記されていた。

『夢とともに辿り着き、思い出とともに去る』
(Arrived with dreams and leave with memories)

 それはまさに、バトンの心境そのものだった。若いころの抱えきれないほどの夢と、それを実現し、多くを達成した17年間のキャリアが誇らしく、幸福に思えた。

 アブダビGP木曜のFIA会見に選ばれ出席したバトンは、突然こう切り出した。

「おそらくこれが、僕にとって最後のレースになる。僕の目には、最後のグランプリだと映っている。そう思ってこのレースに臨んでいるし、みんなにもそう思ってもらいたいんだ」

 9月のモンツァで、来季の休養と2018年に現役復帰するオプション契約を明らかにしてから2ヵ月半。彼の心境の変化を肌で感じ取っていたパドックの住人たちは、その言葉に驚くこともなく、静かに彼の意志を受け容れた。

「たしかに最後じゃないかもしれない。来年になれば気持ちが変わるかもしれない。でも、最後じゃないかもしれないと思いながら戦って、結局それが最後になるのは嫌なんだ」

 バトンが望んだのは、周りの人々に見送られて笑顔で迎える、幸せな引き際だったのだ。

 だから、アブダビのパドックには母親、妹、恋人、友人など大勢の親しい人々を呼び、常に彼らのそばで過ごしている。そして、愛着のあるチームの面々にも、パドックの住人たちにも、笑顔で最後のレースを見送ってほしかったのだ。

「どのサーキットでも『これが最後かも』と思いながらレースをすることはないと思う」

 休養を発表した当初は、そう話していた。しかし裏返せば、それは、最後になるならはっきりと最後のレースだと自覚して走り切りたいという意志でもあったのだ。

 BAR時代から長きにわたってバトンと苦楽をともにしてきたホンダの長谷川祐介F1総責任者は、名残惜しそうに語る。

「ジェンソン自身が満足できるようなレースをして、一旦、有終の美を飾ってほしいと強く思っています。まぁ、逆に後悔を残してまた戻って来てほしいという気もしますけどね(苦笑)」

 バトンの能力を高く買い、また一方では彼の人柄にも魅せられている。ともに働くチームの誰もがそうなのだろう。

「公式的には来年もチームの一員としての契約が残っていますし、レギュラードライバーに何かがあれば当然ジェンソンが乗るわけですから、彼が二度とここに現れないというふうにはあんまり思っていません。でももちろん、気持ちのうえでは『もしかしたら、これが最後のレースになるかもしれない』ということはみんな思っているし、ですから我々もこれが最後のレースだという気持ちでサポートしたいと思っています」

 モンツァでマクラーレン・ホンダが2017年のドライバーラインナップを発表したとき、シートを失ったバトンは、「引退」ではなく「休養」という立場を選んだ。ウイリアムズからもオファーがあったというが、彼のなかではすでに、過酷なF1の世界から距離を置きたいという思いに抗(あらが)えなくなっていた。

「F1で戦っていると、F1こそが自分の人生になる。しかし今の僕には、間違いなく休息が必要なんだ。だから、2017年はゆっくりとリラックスする。僕は今まで、自分のスケジュール中心に動いてきた。自分がやりたいこと、やるべきことに時間の大半を費やしてきた。しかし、これからは家族や友人たちともっと多くの時間を過ごしたいんだ」

 それでも2018年に復帰の可能性を残し、「休養」と宣言したのは、総帥ロン・デニスからの提案があったからだ。来季はチームの一員として裏方からマシン開発やチーム組織の再編に尽力し、1年後にもう一度走りたいという気持ちになれば復帰も不可能ではないという、よく言えば可能性のある、悪く言えば玉虫色の決断だった。

 しかし、マレーシアGPでF1通算300戦を達成したころから、バトンの言動は急に変わっていった。2017年のマシン開発への関与を否定し、明らかに引退を意識した口ぶりが目立つようになった。

 契約上では可能性が残っていても、彼のなかでは引退を決意している。パドックの人々は、彼のそんな真意を感じ取っていた。

「長い旅路だった。8歳のときから僕はモータースポーツの世界でレースをしてきて、多くの夢を抱えてF1の世界に辿り着いた。何者かになりたいと切望し、そして17年間で手にした思い出とともに、F1の世界を去る。いくつものすばらしい思い出、人生を変えるような思い出、いいものも悪いものも含めて、それらとともにこの世界を去るんだ。

 本当に特別な気分だよ。マクラーレンとウイリアムズという、ずっと夢見ていたチームで走ることができ、世界チャンピオンになることもできた。何もないところからスタートして、いかにここまで辿り着いたのか、いつの日か自分の孫に語れればと思う」

 夢とともに辿り着き、思い出とともに去る――。そんな自分のキャリアを幸福だと思えたからこそ、自ら幕を引きたいと思った。そして何より、彼にはもっと大切だと思えるものができていた。

 最終戦アブダビGPには、世界チャンピオンに輝いた2009年にかぶっていたものとまったく同じカラーリングのヘルメットを用意した。

 そのヘルメットの余白には、こんな言葉が刻まれていた。

『The journey is the reward』(この旅路こそが報酬)

 多くの夢とともにF1の世界に飛び込み、いくつもの成功も失敗も経験してきた。しかし、最後は辿り着いた場所がどこかではなく、その道のりにこそ価値がある。

 それはつまり、彼が人生において大切なものを見つけたということだ。

「最後のチェッカードフラッグを受けたとき、最初に胸に去来するのは家族のことだと思う。モータースポーツは僕の人生の大部分だったし、大切なものだ。だけど、人生でもっとも大切なのは家族や友人だからね。間違いなく、僕は幸せな形でF1の世界から退く。そしてここから、僕の人生が始まるんだ」

 そう言って彼は、家族や友人たちとともにサーキットを後にしていった。

 おそらくきっと、彼が本気でステアリングを握るのは、今週末の日曜が最後になるのだろう。

米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki