2年連続の3冠王に輝いたイ・ボミ(撮影:米山聡明)

写真拡大

<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 最終日◇27日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)>
「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」が終わり、今年の国内女子ツアーの全日程が終了。全成績が確定し、イ・ボミ(韓国)が2年連続となる3冠(賞金ランク、MVP、平均ストローク1位)に輝いた。
2年連続の3冠王!総数500枚以上のイ・ボミフォトギャラリー
加えて平均ストローク「70.0922」は史上最少。ボミは今大会をトータル1オーバー以上で終えれば決まるという状況の中、3日間を終えてトータル2オーバーとギリギリの位置にいたが、最終日にスコアを4つ伸ばし文句なしの記録達成となった。
平均ストロークが上がった理由をボミは「パーセーブ率とリカバリー率が上がったのが良かった」と語る。昨年オフに磨いたアプローチは冴えに冴えてパーセーブ率は驚異の91.0112%。リカバリー率も1位に輝くなど、“ボギーを叩かないゴルフ”で3冠をつかみ取った。
納得のシーズンだが、唯一の悔いはメジャーを勝てなかったこと。特に「日本女子オープン」で疲労のため棄権したことを今年一番悔しかったことに挙げた。「メジャーを勝つのは本当に難しいことで、コンディションも体調も運も良くないとダメ。中でも女子オープンは年間で一番難しいセッティングだと思うので、もっと準備して来年は勝てるように頑張りたい」。
「メジャー制覇」ともう1つ来季の目標に掲げるのが前人未到の平均ストローク60台。「大きな目標がある方が反省できるし、頑張る気持ちが強くなる。難しいと思うけど頑張りたいですね」。あくまで自分のコントロールできる数字を高めて、その先に女王やMVPがついてくると考えるのがボミ流だ。「まだまだレベルアップしたい。全体的に高めていきたいですね」。最強女王にとって2年連続の3冠はまだまだ通過点だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第39回】
難産の2年目…イ・ボミの賞金女王戴冠までを振り返る
ルコックゴルフプレゼンツ!イ・ボミファンイベントに参加できる!?
ハヌルもボミも!オフショットも満載の女子プロ写真館