体のさまざまな組織に変化するiPS細胞(人工多能性細胞)を使って、がん細胞を殺傷する強力な免疫細胞「キラーT細胞」を作ることに京都大学のチームが成功し、米のがん研究専門誌「Cancer Research」(電子版)の2016年11月22日号に発表した。

将来は血液のがんである白血病の治療などに応用が期待できるという。

京都大学の発表によると、ほかの免疫細胞は正常な細胞を攻撃してしまうことがあるが、キラーT細胞はがん化した細胞だけを認識して攻撃する性質がある。同大の河本宏教授らのチームは、3年前に人間のiPS細胞からキラーT細胞を作ることに世界で初めて成功した。ところが、がんを壊す能力が弱いことが課題となっていた。

そこで、キラーT細胞を作る際に、ある特定の分子を持つ若い細胞だけを選んで培養したところ、これまでより数十倍も高いがん細胞殺傷能力を持つキラーT細胞を作ることに成功した。また、開発した方法を用いて、白血病に特有の「WT1抗原」というタンパク質を認識するキラーT細胞を作り、実際に白血病になっているマウスに投与する実験を行なった。すると、キラーT細胞はがん細胞を効率よく攻撃して破壊したうえ、健康な細胞を誤って攻撃することがなかった。

研究チームは発表資料の中で、「将来、他人のiPS細胞からキラーT細胞を大量に作製し、白血病患者の治療に役立てる臨床実験に一歩前進しました」とコメントしている。