自分に足りないものを見つけることが出来た石川は、来週は戦いの場を日本に移す(撮影:福田文平)

写真拡大

<ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ 最終日◇27日◇キングストン・ヒースGC(7,111ヤード・パー72)>
松山英樹と石川遼、人気と実力、両面で日本ゴルフ界を牽引する2人がタッグを組み優勝を目指した「ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ」。14年ぶりの栄冠を日本に持ち帰るべく力を合わせて戦ったが、首位のデンマークと6打差の6位タイで競技を終えた。
ガッチリと握手をかわす松山と石川 
8番パー5でバーディチャンスを逃し、「流れが悪くなってしまった。遼も乗れない状態になってしまった」と話した松山。その他にもパッティングの不振から10番、12番などでもチャンスを逃し、自分を責めたが「英樹がチャンスにつけたところで、自分のチャンスにつけられていれば」と松山をフォローした石川。「英樹よりも内側につけられていれば、10アンダーを出せたかもしれない」と自分のショットのふがいなさを嘆いていた。
今週は「自分に足りないものを見つけられた」、貴重な一週間になったと振り返った石川。「英樹は調子が悪くても攻めていた」、その姿は大きな刺激になったという。「世界ランキングを上げて、また選んでもらえるように頑張りたい」。松山も「次があるなら遼と」と明言。今回の悔しさを晴らすために、また2人で日本代表になると誓い合っていた。
石川の次戦はディフェンディングチャンピオンとして臨む、国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」。休む間もなく戦いの場を日本に移す。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【W杯ギアネタ】松山&遼のパターカバーは“ワールドカップ専用”