「新春ドラマスペシャル『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』」の会見に出席した吹越満、広瀬アリス、濱田岳、西田敏行、比嘉愛未(写真左から)

写真拡大

テレビ東京系で1月2日(月)夜9:00より「新春ドラマスペシャル『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』伊勢志摩で大漁!初めての出張編」が放送される。

【写真を見る】吹越満の話を真剣に聞く広瀬アリスのうなじがとってもセクシー!

放送を前にテレビ東京本社で会見が行われ、主演の濱田岳を筆頭に、広瀬アリス、吹越満、比嘉愛未、西田敏行が正月らしい和装姿で登場した。

テレビ東京では、'79年から毎年1月2日に新春時代劇を中心に'16年までで38作品を放送してきた歴史があり、この日に「釣りバカ―」が放送されることはまさに“大改革”。

その状況に濱田は、「一『釣りバカ』ファンとしてはお正月に新作が見られるのはうれしい」と一言。

一方で、出演者としての心境を問われると「役者として臨むには荷が重いというか、責任感が伴うオンエア日だなとも思いました。

ですが、僕が背負いきれないと思っていた看板を、キャスト、スタッフが僕の小さい背中に看板を背負わせてくれて。こんな状況を作ってもらったのだから、やるしかないという気持ちで撮影に臨みました」と力強く語った。

「毎年恒例になることを望んでいるか?」という質問には、「ファンとしては続いてほしいと思う。(俳優としては、)続けていく以上は、毎回プレッシャーのある作業になるのでは」と、作品を愛するゆえの心境を吐露した。

会見は、“テレビ東京の1月2日”ということに触れる場面では緊張感に包まれたものの、見どころや撮影の裏話が語られる際には、笑いが絶えず終始和やかムード。

西田は報道陣に向かって腕時計の日焼け跡を高々と見せつけ「釣りのシーンは必ず晴れて、こんなに肌が焼けた。これはきっと良い事がありますよ」とニッコリ。

また、連ドラの時からアドリブがたくさん盛り込まれている本作。

撮影現場の様子について聞くと「どこからが、というより本編はほぼほぼアドリブですから。台本はガイドでしかないですね」(濱田)、「濱田さんと西田さんがアドリブ合戦を終わらせてくれないんです」(広瀬)、「お腹に力入れないと笑ってしまいそうで。腹筋が割れそうでした」(比嘉)と嘆いた。

さらに、吹越は「朝原雄三監督は、リハーサルで僕とスタッフで仕込んだネタを見て『それはない』と言っていても、本番で『もう一回やってみようか』と言ってくれたこともあった。あり得ないことが実現するのがこのドラマ」と、明かした。

本作でのアドリブについて、西田は「アリスちゃんは、映画『刑事』('59年イタリア)に出てくるクラウディア・カルディナーレ、比嘉さんは映画『グレート・レース』('65年アメリカ)のナタリー・ウッドがまとう空気感が似ているから、ついついそれを盛り込んじゃいました」と告白。

広瀬と比嘉は「うれしいですけど、台本に書いていないし、ドラマに関係ないですよね(笑)」と撮影を思い出し、大笑い。おちゃめな西田にツッコみを入れていた。

「―新入社員 浜崎伝助」は、'15年10月クールに「金曜8時のドラマ」枠で放送された連続ドラマ。SPドラマでは、連ドラでは新入社員だったハマちゃん(濱田)が、入社2年目となり、初めての出張で三重・伊勢、志摩行きを言い渡される。

連ドラの最終回で交際がスタートしたみち子(広瀬)との恋愛模様や、ハマちゃんの釣りの弟子であり勤務先の社長・スーさん(西田)との関係性、そして学生時代に恋い焦がれた女性・矢島亜季(比嘉)との再会が描かれる。