25日、騰訊新聞によると、中国江蘇省蘇州市の歩道上に、キンモクセイの木が植えられた箱がびっしり並べられている。

写真拡大

2016年11月25日、騰訊新聞によると、中国江蘇省蘇州市の歩道上に、キンモクセイの木が植えられた箱がびっしり並べられている。同市が歩道上での店舗の無断営業を取り締まるため並べたもの。

【その他の写真】

箱が並べられたのは、同市鐘慧路。幅約40メートルの歩道に、キンモクセイの箱419個が整然と置かれている。この道にはもともと、ファストフードやバーベキュー店などが軒を連ねていた。しかし、周辺住民から「路面が汚れる上、ゴミが散乱している。油の匂いや騒音も耐え難い」と市に苦情が寄せられた。

一計を案じた市は、歩道上で無断営業している店舗に立ち退きを命じ、キンモクセイを植えた箱を数メートル間隔で整然と並べた。歩行者は箱の間を歩くことができるが、店を出すほどの隙間はない。市は緑化策の一環として取り組んできたという。(翻訳・編集/大宮)