バカ丸出し!! 浮気をしたオトコのあり得ない言い訳6つ!

写真拡大

浮気の際、素直に謝る人もいれば、ごまかしたり言い訳をしたりする人もいるもの。あなたは「えっ、それはないよ!」という浮気の言い訳を聞いたことがありますか? 今回は、社会人女性が周囲から聞いた、そんなあり得ない言い訳を教えてもらいました。

■悪いのは彼女の方?

・「『お前といるのがつまらないから』とストレートに言ったやつです。相手を傷付けることを普通に言えることに引きました」(24歳/金融・証券/営業職)
・「『ほっといたお前が悪い』と言われたらしい」(26歳/建設・土木/事務系専門職)
・「『彼女の魅力がなくなったからしょうがない』と言っていた」(24歳/不動産/専門職)

悪いのは、俺じゃないと言う「責任転嫁」ですが……。これを言われたら、ドン引きしそうです。

■選べなくて……。

・「一人に絞れないから付き合っちゃった」(29歳/ソフトウェア/技術職)
・「『どっちも好きなんだもん。』二股をかけた言い訳らしい、正直な気持ちなんだろうけどドン引きだよね」(35歳/小売店/販売職・サービス系)
・「そんなつもりはなかったし、どっちも愛してる」(25歳/電機/技術職)

「どちらも好きなので、どちらも選べない」というのは、「どちらも選ばない」と言っているようにも聞こえます。優柔不断ですよね。

■本能には逆らえない?

・「毎日フレンチだと飽きるじゃん? たまには和食が食べたくなるわけよ」(25歳/生保・損保/事務系専門職)
・「男性はみんな浮気願望があるから、チャンスがあればする」(33歳/金融・証券/事務系専門職)
・「『目の前に美人の女性がいて、どうしても自分の衝動を抑えられなかった』という言い訳」(25歳/その他/専門職)

本能だから仕方ない……という言い訳ですね。理性を保ててこその人間でしょう。彼女のことを思い出して、ブレーキをかけてほしいところですよね。

■断り切れなくて……

・「『女性から抱いてと泣いて懇願してきたんだよ。』と言い訳。女性は男性を蹴り上げて別れた」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「『まわりの女性がふっかけてくるから』、と子どもみたいな言い訳をしていた」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
・「『女性がかわいそうだったから』という理由。浮気された女の子は怒って婚約破棄していた」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

相手が、彼の好みのタイプでなくても懇願されれば、断り切れなくて浮気をするとは思えませんよね。

■ポジティブ・シンキング?

・「『いろいろな女性を愛したほうが、本妻をまた好きになれる可能性がある』というわけのわからないもの。どうかと思う」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「君をもっと愛するために息抜きとして」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)
・「だってお前をもっと好きになりたくて」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

映画やドラマの世界だけのセリフにしてほしい言い訳ですね。取り繕おうとしたところで、こちらをバカにしているのでは、と女性に取られる場合が多いようです。

■どうにかごまかさなきゃ!

・「『あれは女じゃなく男だよ。』とあくまでも男同士で遊んでたと言い訳してた」(31歳/金融・証券/事務系専門職)
・「たまたま近くの道路で出会って道案内した」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「『一緒にいたのはお姉ちゃんだよ』と必死でごまかしてた元彼」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

どこかで、彼女と鉢合わせをして、必死にごまかそうとして、目が泳いでいる姿が浮かんで来ますね。

■まとめ

バレないと思っていたのに、浮気がバレてしまったときの言い訳の中に、その男性の彼女に対する本音が見え隠れしているように思えます。もし、こんなあり得ない言い訳を聞いてしまったら、あなたならどうしますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数133件(22〜34歳の働く女性)