キム・ヨングァン「最近演技に対してたくさん悩んでいる」

写真拡大 (全2枚)

「我が家に住む男」キム・ヨングァンが雰囲気のある男に変身した。

KBS 2TVドラマ「我が家に住む男」でコ・ナンギル役を演じているキム・ヨングァンが、最近マガジン「Instyle」のグラビア撮影に参加した。

キム・ヨングァンは「我が家に住む男」で見せてくれている原作ウェブ漫画とのシンクロ率と漫画的なビジュアルに対して「正直、外的な面で漫画のように見えることを懸念している。もう少し実際の人物のように演じたいけど、ただドラマの中のあるキャラクターとしてしか見えないかもしれないから」と話した。

また最近演技に対してたくさん悩んでいると打ち明けながら「どこかで一度くらいは見たような状況を表現する時、どうすれば違う風に見せることができるだろうか、面白いだろうか悩むようになった」とつけ加えた。「スエ先輩と演技についてよく話し合ったりするが、スエ先輩の演技を見ると『うわ、こう表現したりもするんだ』と思わず感嘆してしまう」と、スエとの共演に対する感謝を示した。

SBSドラマ「ゴッホ、星が輝く夜に」の“ツンデレ”カン・テホというキャラクターがよく似合っていたという好評にも「大衆にまだ俳優として確実に刻印されていないから、今までキム・ヨングァンを思い出した時に連想される特定のキャラクターがなかったと思う」と謙遜した答えを返した。今も撮影現場で一番よく言われるのが「テレビで見た気はするけど、名前は知らない」「モデルさんなんだって、背高いね」などだという。

また自身は「相手が本当に親しい人でなければ口数も多い方ではないが、これまでの仕事の経験から、仕事をする時は実際の自分よりテンションを精一杯高めなければならないということが分かった」とつけ加えた。

キム・ヨングァンのグラビアとインタビューは「Instyle」12月号で確認できる。