陳中吉氏

写真拡大 (全2枚)

(台北 27日 中央社)中国大陸の戦闘機や爆撃機などの軍用機6機が25日、沖縄本島と宮古島の間の公海上空を通過した問題で、国防部(国防省)の陳中吉報道官は27日、人民解放軍の演習・訓練の状況は把握できていると強調した。

陳氏は、軍は関連の規定に基づいた警戒任務によって周辺海・空域の動きを厳密に監視し、国の安全保障を確保していると述べた。

(呂欣ケイ/編集:杉野浩司)