日本の権威ある総合文芸誌「ダ・ヴィンチ」が毎年発表する「好きな作家ランキング男性編」の上位3位の顔ぶれは、2005年から2015年まで、決まって伊坂幸太郎氏、村上春樹氏、東野圭吾氏だった。

写真拡大

日本の権威ある総合文芸誌「ダ・ヴィンチ」が毎年発表する「好きな作家ランキング男性編」の上位3位の顔ぶれは、2005年から2015年まで、決まって伊坂幸太郎氏、村上春樹氏、東野圭吾氏だった。

【その他の写真】

「日本文学の未来を背負うキーパーソン」と同業者から賞賛されている伊坂幸太郎氏の作品の中でもファンから「最も熱く最も面白い」とされる長編小説「ゴールデンスランバー」の中国語版がこのほどThinkingdom Mediaグループによって出版される。

●純文学?推理小説?型破りで独創的な発想の日本文壇の奇才
伊坂幸太郎氏は2000年、「オーデュボンの祈り」でデビューして以来、これまでに30作以上の小説を生み出している。伊坂幸太郎氏と東野圭吾氏は共に売れっ子作家としてしばしばその作品を比較される。また伊坂氏は多くの推理大賞を獲得していることから、一部メディアや読者は彼を推理作家とみなしがちだ。

しかし、伊坂氏の作品の内容と構成は、ジャンルという枠であてはめきれるものではない。事実、伊坂氏の作品の大半は実際のところ事件や推理とは全くの関係なく、その人や世界、運命に着目している作品がほとんどだ。

過去に行われた東野圭吾氏との対談でも、伊坂氏は「キャラクターやトリックなど他の部分で読者にサービスしても、文章だけは自分のやりたいようにやろうと決めている」と話している。

●多くの感動を与えてくれる「ゴールデンスランバー」
東野圭吾氏と同様、伊坂幸太郎氏も量産型の作家と言える。彼の大多数の作品も映画化されている。なかでも俳優の堺雅人と女優の竹内結子がダブル主演している「ゴールデンスランバー」の人気は最も高く、原作の小説同様広く高い評価を集めている。

本作は本屋大賞と山本周五郎賞を前後して獲得しているほか、「ダ・ヴィンチ」誌ダ・ヴィンチ文学賞など、数々の賞を受賞してきた。その年の日本での売上ランキングでは常に上位に君臨した累計発行部数114万冊のベストセラー。伊坂幸太郎氏は今回の中国語版のために特別に序文を記したということだ。これは伊坂氏が初めて中国の読者へ向けて発するメッセージとなる。(提供/人民網日本語版・編集TK)