2NE1、7年の活動に終止符を打つ…解散発表にファンは惜しむ声

写真拡大

残念ながら2NE1が同じステージに立つ姿は見られなくなる見通しだ。グループの公式解散が決定されたのだ。過去7年間、無数のヒット曲を生み出し、トップガールズグループの座を守ってきただけに、このようなニュースはさらに残念だ。

YG ENTERTAINMENTは25日午後、報道資料を通じて、2NE1の解散について報告した。所属事務所によると、2NE1は5月専属契約が満了し、MINZYが一緒に活動できない状況の中で、他のメンバーたちと長く議論した上、2NE1の公式解散を決定した。

2NE1側は残念な気持ちと共に、約束できない活動を期待するよりはメンバーのソロ活動に邁進することにしたと伝えた。

2NE1は7年間“ガールクラッシュ(女性が見てもカッコいい女性)”のスタイルで音楽界にブームを巻き起こし、熱い支持を受けてきたグループであるだけに、ファンたちは残念な気持ちを表している。優れた実力をもとに、常に大胆で大衆性まで備えた音楽とステージで市場を引っ張ってきた。

しかし、ファンたちを慰めてくれる部分もある。メンバーのCLとDARAのソロ契約締結のニュースと共に彼女らのソロ活動を予告したのだ。CLの場合、韓国はもちろん海外でも熱い反響を呼んでいる唯一の女性ラッパーだ。今後アメリカ市場における大きな成功の可能性を示唆しており、ファンの熱い愛と応援は今後も続く見通しだ。

DARAも音楽はもちろん、バラエティ番組や演技でも活躍しており、今後の成長を期待できる。特有の可愛いキャラクターが様々なコンテンツに良い影響を及ぼすものとみられる。

BOMは再契約を締結せず、独自の活動を展開するものとみられる。今後の彼女の歩みにもファンたちは大きな関心と愛情を寄せるものと期待される。