寒いからと急いで湯船に飛び込めば、今度は脈拍が高くなる。ましてや、湯の温度が42〜43℃と熱い場合、心臓にかなりの負担がかかり、ますます事故を起こしやすくなるのだ。
 健常者でもそうなのだから、肥満、メタボリックシンドローム、高血圧や糖尿病、脂質異常などで動脈硬化が進んでいる人は、特に危険だ。
 「確かに、家の中に10℃以上の温度差のある部屋があると、心臓疾患や脳神経疾患を起こしやすい。人間の身体は急激に寒いところに行くと、針で肌を刺されたような感覚となり危険を知らせますが、ヒートショック対策といっても、家の中をすべて暖かくできる環境の人は限られている。高齢者はまず、温度差が事故につながるということを認識して、トイレに行く際はダウンなどを1枚羽織るようにし、急に身体を冷やさないように心掛けることです」(医療ジャーナリスト)

 また、一番風呂や深夜に1人での入浴は避けた方がいい。風呂が一番目より二番目に入った方がいいのは、当然ながら浴室が温まっているからだ。また、かけ湯、半身浴をうまく掛け合わせて、少しずつ身体を温めていくこと。参考までに言えば、高い位置からのシャワーは15分間で浴室全体の温度を10℃上げることができる。
 「シャワーは、立って浴びるより座って浴びる方が、血圧の変動やめまいなどで倒れた時のリスクも減る。さらに入浴前、室温も大事ですが、コップ1杯の水を飲むことをお勧めします。湯船に浸かっているだけで血液は濃くなり、ドロドロ状になることもある。前もっての水分補給は、未然に脳疾患などの防止にもつながります」(同)

 さらに健康ライターは、ヒートショックの対策として“乾布摩擦”を推薦する。
 「朝、全身を寒気にさらし、皮膚を擦ることで刺激を与えると、血行がよくなり自律神経の働きも活発になります。ドイツでは朝、窓を開けて身体に寒気を当てる習慣があり、身体を擦りあげる健康法が一般的だそうです」

 乾布摩擦の注意点は、天然素材(木綿)のタオルを使用すること。そして手足、胸、お腹、背中と、抹消神経から中枢神経を刺激しながら順番に10分くらい擦り上げる。ただし、アトピーの人は皮膚を傷つける恐れがあるので、やめた方がよい。
 また、体調の悪い場合も悪化させることがあるので控えよう。

 これらを踏まえ、毎日、乾布摩擦をしている人は、風邪を引きにくくなったというデータもある。
 「日本では、山梨県内に上半身裸で子供を預かっている幼稚園もある。子供のうちからそうして鍛えておけば、自然に免疫力を高めることができる。結果、風邪を引く子はほとんどいないそうです」(同)

 ともあれ、すでに高齢者や高血圧、糖尿病などの病気を持っている人については、冬の入浴などが常に危険と隣り合わせであることを忘れてはならない。
 「今は浴室の装置に“呼び出しボタン”がついている場合もありますが、本人が倒れた場合はどうにもならない。ご家族で、こうした人が同居している場合は、入浴中に『湯加減はどう?』といった定期的な“声掛け”をぜひ行ってください」(医療関係者)

 寒さはこれからが本番。ヒートショックには、くれぐれもご用心!