千原ジュニアと桂文珍による対談は11月27日の「ちはらくご」にて放送される/(C)カンテレ

写真拡大

11月27日(日)に、千原ジュニアが出演する「ちはらくご〜ジュニアが知りたい噺家の世界〜」(夜1:00-1:55カンテレ)の第2回目が放送される。

【写真を見る】スタジオでは、ジュニアと月亭八光らが桂文珍との対談について振り返る/(C)カンテレ

はなし家たちの知られざるディープな魅力を発信していく「ちはらくご―」。今回は、ジュニアが「ウケ続けている“絶対王者”」と表現する桂文珍との対談が実現。ジュニアは、「落語との出会い」や「ネタ作りの秘密」「若手落語家への想い」などさまざまな質問を文珍へ投げ掛ける。

さらに、ジュニアが「『芸人の落語家転身』はどう思いますか?」と切り込むと、文珍は「落語やってよ!」とジュニアを落語会にスカウトする場面も。これにはジュニアも「やっていいですか!?」と驚きつつもうれしそうな表情を浮かべていた。

対談を終えたジュニアは「ガッツリ、さしでこんなにしゃべらせてもらえる機会もなかなかないので、ありがたかったです。非常に面白かったです」と語り、「歴史のある世界で長く活躍されている方なので、『あれやったらアカン、これやったらアカン』みたいなことを仰られるのかと勝手に思っていたんですけど、それと真逆の考えだったというのが、一番の驚きでしたね」と感想を述べた。

ほか番組では、五代目・桂文枝を師匠に持つ桂坊枝、注目の女性落語家・桂ぽんぽ娘、“イケメン”落語家・桂あおばが「金」「酒」「女」の3つのテーマで、身近な師匠たちの「裏の顔」を暴露するトークコーナーを行う。