ファンにパンチしたジャスティン・ビーバーを擁護するリタ・オラ instagramより

写真拡大

歌手のリタ・オラが、先日ファンにパンチをして流血させたジャスティン・ビーバーについて語った。

現地時間22日にスペインのバルセロナで、車の後部座席に座っていたジャスティンは、自身に触れようと窓の中に手を入れてきた男性ファンにパンチ。殴られた男性は口から流れ出る血に驚いた様子だった。

リタはそんなジャスティンの行為について「メトロ」紙に、「誰かのために言うわけではないけど、彼の驚くようなバックグラウンドを知っているから、どれだけ不愉快で恐ろしいことと感じられるかわかるわ」「ファンが境界線を超えて、恐怖のようになる瞬間が間違いなくあるの」と語っている。