荻野淳也・マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事

写真拡大

日本でも注目されはじめたマインドフルネス。瞑想などを通じたストレス軽減、能力開発のメソッドとして、グーグルなどの企業も研修に取り入れていることで知られているが、具体的にはどんな効果があるのか?
世界的ベストセラーとなった『スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック』は、マインドフルネスによって人生が変わったという著者の自伝である。ほんとうに人生を変えるほどの力がマインドフルネスにあるのか? 「あるんです」。本書日本語版の解説者である荻野淳也さんは言う。日本におけるマインドフルネスリーダーシップ教育の第一人者で「自分の人生と重ねて読みました」と話す荻野さんに、前回に続き、マインドフルネスの持つ本当の力について聞いた。

■マインドフルは「行動を起こす」ためのもの

『スタンフォードの脳外科医……』の著者、ドゥティ氏も、お金で痛い思いをします。彼は家賃も払えないほどの貧困家庭に育ちましたが、マインドフルネスのおかげで大学にも進学することができ、医学部に合格し、念願の外科医となり、投資家としても大成功します。でも実際には、結婚生活は破綻、お金目当てに寄ってくる人たちに囲まれたむなしい生活でした。結局そのお金を全部失い、友人も離れていき、ひとりぼっちになったドゥティ氏は、ルースのある言葉を思い出します。「心のコンパス」。心を開けば、正しい方向に導かれる、ということを彼女は教えてくれたのでした。ドゥティ氏はなぜ自分は医師になりたかったのか、というところに立ち戻り、本当にやりたかったのは、自分の傷だけではなく、自分の周りの人の傷も癒すことだったことに気がつきます。

この話は本の10章に出てくるのですが、ここからのドゥティ氏の心の旅をたどりながら、ラストの13章まで泣きながら読みました。自分自身の人生とあまりにも重なることが多かったからです。本のラストでは、ドゥティ氏が面接を受けることすら拒絶されたメディカルスクール(結局、“マジック”のおかげでなんとか入学できたのですが)の入学式に呼ばれ、スピーチをする場面です。ドゥティ氏は医師のたまごである学生たちに、自分の経験を話します。ルースはマインドフルネスのマジックをドゥティ氏に教えるときに「これを他の人に教えること」を約束させたのです。彼は約束を守りました。

私も何度もつらい別れや失敗を経てマインドフルネスに出合い、いまはその実践者として人に教える立場でもあります。ドゥティ氏の話はそのまま映画になりそうなほど感動的なものですが、私の話でさえドラマのようだと言って聞いてくれる人もいます。でも、大切なのは人の人生の物語ではなく、自分の人生の物語です。あなた自身の物語です。マインドフルネスは、ただ瞑想してすっきりするためのものではありません。行動を起こすためのものです。

人はなぜ、行動を起こせないのか。ひとつには、考えすぎなのです。時間がない、忙しい、失敗するかもしれない、誰かが反対するかもしれない……こうした声で頭のなかがいっぱいになって、身動きができない。もうひとつは、自分を信じていないということ。自分がそんなことできるわけがないとやる前から決め付けてしまう。それ以上に深刻なのが、行動を起こす必要に気づいてさえいない人が多いということです。

■トランプ大統領誕生にショックを受けた人たち

アメリカの大統領選挙でトランプが勝利したとき、多くのアメリカ国民がショックで取り乱し、パニックに陥りました。世の中に渦巻く不満や怒りの根深さに気づかず、まさかトランプが当選することはないだろう、大丈夫だろうとたかをくくっていたところがあったのだと思います。私たちは自分のものの見方からなかなか抜け出すことができません。就活生の人気企業ランキングを見ても、20年前とさほど変わらない企業名が並んでいます。世の中は大きく変わっているのに。自分で気づいて動かなければ、大きな流れにのみ込まれていくだけです。

イギリスのEU離脱にしてもアメリカ大統領選挙にしても、「想定外のことが起きる」というのは、気づく力が弱くなっているということでもあるのでしょう。これからますます混沌とした時代になっていくなかでは、むしろ動き続けることが安定につながるのです。といっても、やみくもに動くということではありません。大勢に従うことでもありません。ありのままの自分、ありのままの現状を直視し、受け入れたうえで、心の声に従って動くのです。マインドフルネスはそのためのツールです。混沌とした時代の心のコンパスであり、思い描いた人生を実現していくためのマジックなのです。(談)

 

----------

荻野淳也(おぎの・じゅんや)
一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事。株式会社ライフスタイルプロデュース代表取締役。Googleで生まれた脳科学とマインドフルネスの能力開発メソッド「SEARCH INSIDE YOURSELF」の認定講師であり、日本でSIYプログラムを初めて開催。リーダーシップ開発、組織開発の分野で、上場企業からベンチャー企業までを対象に、コンサルティング、エグゼクティブコーチングに従事。外資系コンサルティング会社勤務後、スタートアップ企業のIPO担当や取締役を経て、現職。マインドフルネスメソッドやホールシステムアプローチ、ストーリーテリングなどの手法を用い、組織リーダーの変容を支援し、会社や社会の変革を図っている。
関連書籍に、『世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方 ハーバード、Google、Facebookが取りくむマインドフルネス入門』(共著、日本能率協会マネジメントセンター)『サーチ・インサイド・ユアセルフ』(監訳、英治出版)、『マインドフル・リーダー 心が覚醒するトップ企業の習慣』(監訳、SBクリエイティブ)、『スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック』(解説、プレジデント社)、『たった一呼吸から幸せになるマインドフルネス JOY ON DEMAND(ジョイオンデマンド)』(監訳、NHK出版)がある。

----------

(荻野淳也(マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事))