パキスタン映画が日本初公開 (C)2014-2016 Dukhtar Productions, LLC

写真拡大

 第87回アカデミー賞外国語映画賞パキスタン代表作で、日本で公開される初の同国映画「娘よ」の予告編がお披露目された。美しい母と娘の緊張感溢れる逃避行が、息を呑む絶景を背景に繰り広げられる。

 女性監督、アフィア・ナサニエルが初メガホンをとった本作は、パキスタンの山岳民族間の掟に翻弄される母と娘が、掟から逃れるべく勇敢に行動を起こす様を描いたサスペンス映画。

 遥かカラコルム山脈の麓、戦いと融和を繰り返しているパキスタンの山岳民族。部族間のトラブルをおさめるため、相手の部族長の花嫁に指名されたのは10歳になる娘。かつて同じように若くして嫁がされた母親のアッララキは、部族の掟を破り、幼い娘を連れて必死の逃亡を図る。

 「娘よ」2017年3月25日岩波ホールで公開。