写真提供:マイナビニュース

写真拡大

博報堂アイ・スタジオが開催している「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト」の入選作品が決まり、販売が始まった。CONNECTITが運営する「ネットで年賀状」サイト、およびiOS/Android用アプリ「スマホで年賀状」から購入できる。

6回目を数えるこのコンテスト、今回のテーマは「東北の未来への希望」。応募は746作品で、その中から118点の入選作品が選ばれた。加えて、宮城県・気仙沼市立唐桑中学校の3年生が「チャリティー年賀状 デザイン教室」で制作した67点の作品も販売する。販売期間は2017年1月15日まで。

販売価格は1枚130円(税込)で、うち10円が支援金として寄付。一般社団法人ウェブベルマーク協会を通じ、東日本大震災で被災した東北の小中学校が必要とする備品、設備、教材などの購入資金にあてられる。販売作品のデザインなどの詳細は、チャリティー年賀状のWebサイトを参照いただきたい。

CONNECTITの「ネットで年賀状」サイトは、年賀状のデザイン作成、日本郵便のお年玉付き年賀はがきへの印刷、投函〜配達までを、インターネット上で完結させられるサービス。住所を知っている相手だけでなく、相互フォローしているTwitterアカウントやメールアドレスがあれば、住所を知らない相手にもお年玉付き年賀状を送れる(住所を教え合う必要がない)。