ケルンの大迫勇也、ゴール奪えず 攻め切れなかった原因を分析

ざっくり言うと

  • ケルンの大迫勇也が、0−0で終了した26日のアウクスブルク戦について語った
  • 自身が中盤に下がってから前で起点が作れず、攻め切れなかったと原因を分析
  • 最後まで前でやりたかったと話し、最後はもどかしい感じがあったと述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング