26日、韓国で朴槿恵大統領の退陣を求める5回目の大規模集会が行われ、全国では主催者推計で延べ190万人、警察推計で32万人が参加。韓国メディアは憲政史上最大規模の集会として記録される見込みだと伝えている。

写真拡大

2016年11月26日、中国新聞網によると、韓国で朴槿恵(パク・クネ)大統領の退陣を求める5回目の大規模集会が行われ、全国では主催者推計で延べ190万人、警察推計で32万人が参加。韓国メディアは憲政史上最大規模の集会として記録される見込みだと伝えている。

【その他の写真】

ソウルでは、今季の初雪が観測される中、集会の参加者らは午後4時ごろ、「大統領府を包囲せよ」などのシュプレヒコールを上げて行進を始め、大統領府から約200メートル離れた清雲孝子洞住民センターまで接近した。午後6時からは光化門広場でキャンドル集会が開かれ、午後8時には大統領府に向かって2回目の行進が行われた。

世論調査会社の韓国ギャラップによると、朴大統領の支持率は前週より1ポイント減の4%となり、過去最低を更新した。与党のセヌリ党の支持率も結党以来最低の12%を記録。最大野党の共に民主党の34%、野党第2党の国民の党の16%に次ぐ3位に転落した。(翻訳・編集/柳川)