ニューヨークでは11月のサンクスギビングデー(感謝祭)に、メイシーズ主催のパレードが行われます。

さまざまなキャラクターの巨大バルーンの行進が風物詩となっていて、訪れる観衆の数も数百万人規模とのことです。

ハプニングも良く起きることでも知られるイベントなのですが、
あるバルーンの写真が「さすがにこれは残念すぎる」と嘆かれていました。

 

Macy's parade taking an dirty turn.


ありゃ!

倒れるアンクル・サムとスパイダーマン


まさかの不幸な重なり方となっています。

[画像を見る]
本来のアンクルサム。

これだけの大きさだと、バルーンとは言ってもかなり重いため、予定通りに立ち上がれないケースも多いらしく、それがこのときだったようです。

[画像を見る]
そこに、元々この姿勢のスパイダーマンが突っ込んでしまったために、事が起きてしまったようです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●ムカデ人間。

●ちょっとフレンドリーすぎるスパイダーマン。

●自由の味なんだ。

↑いや、資本主義のにおいだろ。

●アンクル・サムがあなたを必要としています!

↑その要求に対して、キャプテン・アメリカよりも先にスパイダーマンが名乗り上げたのか。もうこの国はどうなるのだろう。

↑国が君らに何を求めているかわかっただろう。

●偉大な権力は、偉大な責任から。

●ここでは大したことは何も起こっちゃいない。単にスーパーヒーロー・バルーンがオールドマン・バルーンを膨らませているに過ぎない。

↑「膨らませるのはここから」

●ここのパレードは計画通りに行ったことがあるのかい。


かなり前に起きたアクシデントだそうですが、毎年何かしらのアクシデントがあるようで、大型のバルーンを扱う苦労がしのばれます。

むしろ失敗を楽しみにしている観衆もいそうですね。

【「これほど残念なバルーンのパレードがあるだろうか…」感謝祭のハプニング写真】を全て見る