誰からも愛された
フローレンス・ヘンダーソンさん Photo by Mike Windle/Getty Images

写真拡大

 アメリカのシットコム「ゆかいなブレディー家」の母親キャロル・ブレイディ役で知られる女優フローレンス・ヘンダーソンさんが11月24日(現地時間)、米ロサンゼルスで死去した。82歳だった。心不全のため入院していたという。

 ヘンダーソンさんは1934年2月14日、米インディアナ州生まれ。アメリカで1969〜74年に放送され、その後日本でも放送されたホームコメディ「ゆかいなブレディー家」で一家の母親役を演じて人気を博し、その後50年間にわたってポップカルチャーのアイコンとして活躍した。

 この訃報に、同番組で娘マーシャ役を演じたモーリーン・マコーミックは、「フローレンスに会ったことのない人たちも、彼女のことを親友や母親のように感じているでしょう。私にとって彼女はその両方でした」と米Peopleに語り、「彼女はみんなを受け入れ、信じられないほどの愛にあふれ、どこに行っても喜びと光を広める人でした」と故人を偲んでいる。

 また、25年間続いた米CNNのトーク番組「ラリー・キング・ライブ」の番組ホストとして知られるラリー・キングは、自身のツイッターに「フローレンス・ヘンダーソンよ、安らかに。素晴らしいユーモアのセンスと笑い声を持つ親愛なる女性。『アメリカのお母さん』が逝ってしまいました」と追悼のコメントを投稿している。