首位を守った倉本昌弘(写真は大会事務局提供)

写真拡大

<いわさき白露シニアゴルフトーナメント 2日目◇5日◇いぶすきゴルフクラブ・開聞コース(6,923ヤード・パー72)>
 PGAシニアツアー最終戦『いわさき白露シニアゴルフトーナメント』2日目、初日“65”を出し、トータル7アンダー単独首位に立った倉本昌弘がこの日も2つスコアを伸ばし、単独首位キープ。最終戦での今季初優勝に王手をかけた。
 最終日は雨模様となるだけに「明日は中止になるかもしれないので、少なくとも今日1位になっておかないといけない、と。朝からその話になっていたので、そのつもりでやっていました」と気合を入れていたという倉本。「本音は明日やりたいんですよ。ギャラリーの皆さんもせっかく来ていただいているので」と3日間首位を守りきっての完全優勝を願った。
 倉本を2打差で追うのは川瀬順次。3打差・3位タイグループには羽川豊、真板潔、室田淳、冨永浩、鈴木亨が並んでいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>