付き合っているのになんだかしっくりこない、気持ちがすれ違っていると感じる……そんなふうに薄々思っていても、彼に真意を問いただしたり、自分から別れを切り出すのって勇気がいりますよね。でも愛されていると実感できない関係にいつまでもとどまっていても、幸せにはなれません。

ふたりが破局寸前な危険シグナル7つ

そこで今回は、早めにキャッチしておくべき、破局寸前な危険シグナル7つを集めてみました。なにかを感じとっていても、現実逃避したり「臭い物に蓋をする」式に目をつぶるのは決してよくありません。こんなサインを察知したら、きっぱりとその関係から卒業する決意をするときでしょう。

彼にいつまでたっても話せないトピックスがある

恋人同士なら、言いにくいことであってもきちんと話し合える関係であるべき。それなのに、「どうしても彼に言えない」というトピックスがあれこれあるなら、それは相手のことをまだちゃんと信頼できていない証拠かも。
お金、ラブライフ、自分の精神的ニーズ……なぜ彼に話せないのか、ハードルが高いと感じるのか、よーく考えてみて。

ささいなことでのケンカがすごく多い

大したことではないけど、ささいなことでしょっちゅうケンカしているとしたら、二人の相性がよくないと考えらえます。相手を思いやり、愛する気持ちがあれば、寛容的な気分にだってなりやすいもの。お互いそんな気分になれないのは、相手に対し、“我慢できない”というイラ立ちを抱えているから。

自分たちにカップルとして問題があることを、認めようとしない

どんなに好き合っている者同士とはいえ、その気持ちだけでいい関係は長続きしません。一緒にいれば、当然意見の合わない部分だって出てくるし、違和感を覚えることだってあるはず。それをふたりでちゃんと話し合い、ひとつひとつ乗り越えていくべきなのですが、そもそも問題があることを認めず、スルーしてやり過ごすだけでは現実を直視していないのと同じ。いずれ問題や不満は募り、破局に至ってしまいます。

二人のあいだに“ネガティブパターン”ができている

一緒にいると、元気が出て、もっともっと愛されるようになろう、頑張ろうというポジティブな力が湧いてくるのが、恋人として理想的な関係。それなのに、いつも同じようなことでケンカする、相手にはダメだしばかりする、といったネガティブなパターンができてしまっていたら、一緒にいてももはや心地いい関係とは言えません。別れたほうが、精神的にもスッキリできそう。

ふたりのあいだに信頼感がなくなっている

彼がなにを言っても信頼できず疑心暗鬼に陥ったり、彼のスマホまでチェックしないと気が済まない……なんてことになっていませんか? もしそこまで相手を信頼できず、また彼のほうもあなたを安心させようとしてくれないなら、もはや恋人としての信頼関係はゼロに等しいようなもの、破局もすぐそこまで近づいています。

相手を“許す”ことができなくなっている

いつの間にか、相手の魅力やいい部分よりも欠点や短所ばかり目につき、文句ばかり言うようになっていないでしょうか。恋人同士、お互い“パーフェクト”でなくても目をつむり、愛情を育んでいくべきだし、そのためには相手を許すことも覚えなくてはなりません。
たとえ相手がミスをしても、許し、大きな愛情で包み込む……それができなくなっていたとしたら、恋人としての愛情はもはや賞味期限切れ。

同棲、結婚、出産や育児……人生の大きなイベントについて意見が一致しない

“今さえ楽しければ”という軽いつもりで、付き合ってきた人もいるかもしれません。でも真面目になってよーく考えてみてください。この先の結婚、そして子どものことなど女性にとってはリアルに考えるべきときではないでしょうか。
人生のターニングポイントとなるような大きなイベントについて、彼と意見が一致しないのなら、関係を続けても終わりが見えてきそうです。今の関係にしがみつくのではなく、自分が本当に求めていることはなにか、よーく考えてみるべきときではないでしょうか。