板尾創路が「射精して帰ってください」と挨拶!

写真拡大

「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」第1弾の行定勲監督作『ジムノペディに乱れる』の初日舞台挨拶が11月26日に新宿武蔵野館で開催され、板尾創路、芦那すみれ、岡村いずみ、風祭ゆき、行定勲監督が登壇した。板尾は「今日はみなさん射精して帰ってください」と明るい笑顔で挨拶をして会場を笑いに包んだ。

【写真を見る】体当たりの濡れ場に挑んだ芦名すみれの全身ショット

主演の板尾は脚本を読まずに快諾したそうで「最初はキタ!と思いました。亡くなった原田芳雄さんから『ポルノは機会あればやっとけ』と言われたのが残っていて」と言うと、行定監督もうなずいた。

ヒロインを務めた芦名は「初めての長編映画で1日目はオロオロしちゃったけど、2日目からはお芝居を体操選手のように反射神経でやっていくようにしました」とコメント。板尾は「彼女は覚悟ができていて、競馬の馬で言うと走りたくてしょうがない状態。鼻息が荒くて抑えるのが大変でした」と苦笑いした。

岡村いずみのキャスティングについて行定監督は「芦名さんはスレンダーでおっぱいがないので、バランスを考えておっぱいのある子がいいなと思いました」と説明すると、岡村は「やっぱり“おっぱい採用”だったんだ」と笑う。「でも、これまで自分の体にすごいコンプレックスがあったけど、いい役をもらったからちょっと自信をもてるようになりました」。

風祭について行定監督は「僕らの世代でいえば、伝説以外の何ものでもない。(役についても)ちゃんとしなきゃなあと考えに考えた」と述懐。風祭はその配慮に「かなり感動しました。そこまで考えてくれたんだと」心から感謝した。

板尾は「撮影期間1週間ほぼ毎日セックスをしてるわけです。実生活でもありえないので、そのへんの感じはどうしたらいいのかなと」と撮影苦労話を告白。「病院でのシーンは監督の無茶な体制のリクエストだらけで特に大変でした。お芝居もあるし、結合してないといけないし。肉体が大変でEDになりそうでした」。

舞台挨拶では終始、笑いを取りにいった板尾だったが、女優陣からは「現場でとても優しくされた」と評判も上々だ。行定監督も「板尾さんが女優さんをすごくケアしてくれた。特別な空気にしたくなかったのでありがたかったです」と板尾をねぎらった。

『ジムノペディに乱れる』は撮れない日々が続く映画監督の古谷(板尾創路)が、鬱屈とした気持ちを抱えながら女の肌の温もりを求めていく様が描かれる。「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」は「日活ロマンポルノ」の生誕45周年企画で、行定監督の他、塩田明彦監督、白石和彌監督、園子温監督、中田秀夫監督も参加した。【取材・文/山崎伸子】