ドラマ「ソロモンの偽証」予告映像を公開…原作者の宮部みゆきが登場(動画あり)

写真拡大

「今週、妻が浮気します」の後番組として放送されるJTBC新金土ドラマ「ソロモンの偽証」(演出:カン・イルス、脚本:キム・ホス、制作:アイウィルメディア) 側は、26日圧倒的な吸引力が強烈な予告映像を公開し、期待感を高めた。

「ソロモンの偽証」は日本最高のミステリー作家宮部みゆきの同名ベストセラーが原作の作品で、クリスマスに起こった友達の転落死に絡む秘密と真実を探すために乗り出した学生たちのストーリーを描く。友達の死について誰一人「なぜ?」に対する答えを出してくれない偽善に満ちた大人たちの世界に、「もうじっとしてはいられない」と宣戦布告した子供たちが“校内裁判”を通じて自分たちで真実を追跡していく姿は、視聴者たちに緊張感と深い感動を与えるとみられる。

予告映像の第2弾で、自らインタビューを行った宮部みゆきは、「学校で起きた事件が自殺か、それとも殺人事件かという真実を明かすために“校内裁判”を行う物語だ。まだ大人ではないので、難しいことはできないと子どもたちを決めつける大人たちに、予想を超えることを成し遂げる子どもたちの姿を見せたかった」と執筆の理由を伝えた。さらに「原作者である私が観ても素晴らしいドラマ」と賞賛した。

原作者宮部みゆきに激賛された期待作であるだけに、公開された映像は映画のように優れた映像美や緊張感あふれるシーンで注目を浴びている。事件の始まりであるイ・ソウ(ソ・ヨンジュ) が墜落するシーンを皮切りに、雪の中に埋まっているソウの顔やこれを見つけたペ・ジュニョン(ソ・ジフン) の青ざめた顔、どことなく空虚な目つきの中で傷や事情を持っているハン・ジフン(チャン・ドンユン) と告発状をもらって「なぜ死んだのか私たちが明かせば良いじゃない」と、宣言するコ・ソヨン(キム・ヒョンス) の姿が息詰まるように続けられ、緊張感を高めている。

話題となっていたショッキングなラインナップの主人公、キム・ヒョンス、チャン・ドンユン、ソ・ジフン、ソ・ヨンジュは吸引力の強い演技で期待を高めている。従来の学校ドラマとは違って、キャラクターの内面と心理描写に集中するドラマだけに、それぞれ違うストーリーを盛り込んでいる生き生きとした目つきだけでも、制作陣の型破りな選択が正しかったことを証明している。これはそのままドラマへの期待につながっている。

「ソロモンの偽証」の制作陣は「原作者である宮部みゆきさんがドラマへの愛情が格別である。原作が持っているしっかりとしたストーリーや強烈なメッセージを本気を込めて伝えるために、心を込めて作っている。子どもたちもキャラクターに入り込んで最善を尽くしているので、応援をお願いしたい」と伝えた。

「ソロモンの偽証」はしっかりとした原作と強烈なメッセージに、韓国の情緒に合わせて興味深く脚色されたキャラクターが加わった脚本、新旧が調和し相乗効果が期待されるキャスティングなどで上質なドラマの誕生を予告している。「太祖王建」「海神」「風の国」「チョンウチ」などで重くてパワフルな演出力を認められているカン・イルスプロデューサーと新鮮な筆力のキム・ホス作家がタッグを組んだ。「今週、妻が浮気します」の後番組として、12月韓国で放送される。