コレだった! 恋愛で「男女がすれちがう」5つの原因

写真拡大

恋愛において、男女の考え方はまったくちがいますよね。それが原因ですれちがいが起こり、破局につながってしまうことも。そこで今回は、男性が考える、恋愛で「男女がすれちがう原因」について教えてもらいました!

■仕事への理解の有無

・「仕事への理解」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「男の仕事の都合を理解できないから」(35歳/医療・福祉/専門職)

男性にとって、「仕事」は優先順位がもっとも高いもの。一方、女性にとっては「恋愛」が一番であることが多いですよね。彼にとって自分が一番でありたい気持ちはわかりますが、「仕事と私、どっちが大事?」なんて男性には愚問です。

■コミュニケーション不足

・「あまり会ってなく互いの意思疎通ができていない」(27歳/機械・精密機器/技術職)

・「言葉で伝えておらず、気持ちが伝わりきれていないとき」(29歳/建設・土木/技術職)

・「言葉が足りなかったり、考え方の差が大きいとき」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

男性の中には、言葉で想いを伝えるのが苦手な人が多いもの。でも女性はしっかりと愛情表現をしてもらいたい生き物です。この差が大きすぎると、すれちがってしまうのかもしれませんね。

■会いたい頻度のちがい

・「女は常にそばにいてほしいと思うが男はそうでもない」(31歳/その他/その他)

・「会いたい頻度が異なる」(36歳/不動産/営業職)

女性は彼に毎日でも会いたいもの。一方で男性は、自分の時間もしっかりととりたい人が多いですよね。結婚すれば毎日一緒にいられるので、お付き合いの間にどこまで我慢できるかが、別れるか結婚するかのちがいになりそうですね。

■物事の捉え方のちがい

・「感情で物事を考えるか否かだと思います」(34歳/機械・精密機器/その他)

・「理屈がある理性的な男。理屈のない感情的な女」(31歳/その他/クリエイティブ職)

男性は論理的、女性は感情的とよく言われますよね。このちがいは、お互いに埋める努力をするしかないのかもしれませんね。

■想いのちがい

・「どちらかが想いが強すぎる」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「相手に対しての想い方の相違」(32歳/医療・福祉/専門職)

一方の想いが強すぎたり、想いの表現の仕方がちがうこともすれちがいの原因に。「対等」であることがカップルの理想とはよく言われますよものね。

■まとめ

多くが、「恋愛」にだけ夢中になりがちな女性と、「恋愛」にだけは夢中にはならない男性のちがいによって生まれるすれちがいと言えそうです。もし今の彼と結婚したいと考えている女性がいるなら、男性の恋愛に対する考え方を理解し、自分の時間も大切にできるような女性を目指すといいかもしれませんね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月22日〜2016年11月24日
調査人数:261人(22〜39歳の社会人男性)