1日1錠飲んでいます

写真拡大

やっと大統領選挙の余波が落ち着きつつある米国です。今回の選挙結果には、大人のみならず子どもたちも衝撃を受けていたため、彼らにどう説明するか、私も含めた親たちは頭を悩ませていました。

私にとっては、選挙以外に女性特有の悩みごとがあります。それは、生理中と前後に感じる体調不良。年齢のせいか、不快感がだんだん増しているように思うのです。

必須脂肪酸「ガンマ・リノレイン酸」を含む

先日、同年代の友人と「生理前になると、イライラしてしまうのよね。それでつい子どもに対して、強く言っちゃうことがあってよくないわ」という話になりました。

生理中、およびその前後の症状は個人差があります。うらやましいことに全く出ない人もいるようですが、だるい、頭痛がする、おなかがいたい、気分がさえない、イライラする等々が私やママ友たちを悩ませる症状です。

会話が盛り上がるなか、ママ友の1人が生理前のイライラ(PMS=月経前症候群)についてこんな話をしました。

「いいサプリがあると、婦人科の主治医が教えてくれたの」
「教えて教えて!」

その情報にはみんなすぐ飛びつきました(笑)。私も教えてもらって、すぐに購入です。

サプリの名前は、「イブニング・プリムローズ(evening primrose)」。私が購入したのはカプセルタイプのサプリで、120個入り、価格は17ドル(約1915円)です。カプセルの中には、イブニング・プリムローズオイル(月見草油)が入っています。

イブニング・プリムローズオイルには、必須脂肪酸の一つのガンマ・リノレイン酸(GLA)がたくさん含まれています。このGLAこそが、PMSや生理痛、更年期障害などに効果が期待できるのです。

頭の「どんよりとした重さ」が消えた

友だちの婦人科主治医によると、このサプリは生理予定の10日ぐらい前から飲み始めるのが望ましいらしいのですが、私は入手が間に合いませんでした。

ただ生理中に不快感、倦怠感が増してきた時に「飲んでみよう」と試してみたら、いつも生理中に生じる前頭葉当たりのどんよりとした重さがなくなり、体も心なしか軽くなった気がしました。結局、生理期間中ずっと飲み続けたのですが、生理による倦怠感は感じられませんでした。

効果を確信したので、これからも飲み続けるつもりです。私が買ったサプリは、グルテンフリーで臭みなどは全くないものの、錠剤が大きすぎて飲むのがとてもつらい。次は、小さくて飲みやすいタイプを探すつもりです。

ここぞとばかりに、PMSや生理痛に悩める他のママ友にイブニング・プリムローズのサプリを教えてあげたところ、「私、すでにいろんなサプリ飲んでいるのだけど、まだ飲むの? これ買うけどね」と笑っていました。

さて、私は加入している医療保険が変わった関係で、16年間お世話になった婦人科医から、新しい婦人科医を主治医として変更せざるを得なくなりました、先日、新主治医をたずねて子宮がん検診を受けました。その際、「初診」として自分の健康状態を問診表に具体的に書くように指示されたので、生理中の悩みについて詳しく記入しました。それを見た主治医が提案してきた解決法は、「バースコントロールピル、いいわよ」。

え? この年齢で初めてのピルですか!? ピル経験者のママ友曰く、生理痛にはかなり効くらしいのですが、いまさらピルは...。米国人は飲んでいる人が多いといいますが、私はサプリのほうが安心です。それにしても主治医によって、こんなに処方が違うとは驚きでした。

●筆者プロフィル

北雨利香。南カリフォルニア在住。2児の母。40歳をこえた途端に、定期健康診断で毎回のようにひっかかり、医者にサプリを飲むよう指導される。興味のあることは美容、健康、子供の教育、米国プロスポーツ、米国大統領選挙、ハリウッドゴシップ。