25日、環球時報(電子版)は、中国上海市の「上海野生動物園」で「トラの赤ちゃんに対する虐待行為が行われている」と伝えた。

写真拡大

2016年11月25日、環球時報(電子版)は、中国上海市の「上海野生動物園」で「トラの赤ちゃんに対する虐待行為が行われている」と伝えた。

【その他の写真】

来園者がこのほどネットに投稿した動画で「虐待行為」が疑われる事例が発覚した。同園では1回30元(約490円)でトラの赤ちゃんと一緒に写真が撮影できる。ある3〜4歳ぐらいの男児がベンチに座り、係員がトラの赤ちゃんを膝に乗せようとしている。男児が怖がって嫌がるにもかかわらず、係員は無理やりひざの上にトラを乗せた。急に男児はトラを手ではねのけ、トラは床に転落。係員はトラの首元を片手でつかんで持ち上げ、男児と一緒に無理に写真を撮ったという。

動画を投稿した男性は「猛獣の子供を子猫や子犬のようにもてあそび、子供に触れさせるのは適当なのか」と疑問を呈している。(翻訳・編集/大宮)