2017年は入隊&除隊ラッシュ!?JYJ&BIGBANGメンバーが入隊の中ついに“あのスターたちが帰ってくる”

写真拡大

「チ・チャンウクやT.O.Pが軍隊に行くと悲しまないで。イ・スンギやユンホ、ジェジュンが帰ってくる!」

2017年にはとりわけ芸能人の入隊が相次ぐと見られる。現在精力的に活動している1986年、1987年生まれなど、30代前半の芸能人の入隊が続くためだ。俳優、歌手など分野も様々。韓国芸能界の地殻変動が予想される。

兵役は芸能人たちも避けられない韓国男性の義務である。特に1987年生まれの芸能人はこれ以上入隊を先送りにできる状況ではない。すでに入隊日を決めた芸能人もいる。BIGBANGのメンバーT.O.PとJYJのジュンスは第348次ソウル地方警察庁の義務警察に最終合格し、2017年2月9日陸軍訓練所に入所する予定だ。

SUPER JUNIORメンバーの中で唯一、軍隊に行っていないキュヒョンも、来年入隊すると見られる。MBC「ラジオスター」でも入隊について言及したことがあるためだ。現在新曲「Blah Blah」を発表し、入隊前最後のソロ活動をしている。

入隊を控えているほとんどのスターは、その時期に慎重な姿勢を示している。1986年生まれのユ・アインや1987年生まれのイ・ミンホ、チャン・グンソク、チ・チャンウク、ソ・イングク、チュウォン、チョン・イル、2PM テギョン、2AM スロンなども入隊対象者として挙げられている。しかし、彼らは入隊日を正式に発表しておらず、入隊前最後の活動に拍車をかけている。

逆に、除隊するスターたちもいる。現在、軍服務中であるSUPER JUNIORのシンドンは12月に除隊を控えている。SUPER JUNIORのソンミンとJYJのジェジュンも同じだ。SS501のリーダーキム・ヒョンジュンは2017年2月に、東方神起のユンホは4月に、イ・スンギは10月にそれぞれ除隊する見込みだ。

軍服務は様々な意味を持つ。スターたちの不在はファンにとっても、芸能関係者にとっても、確かに残念な部分だ。しかし、さらに凛々しくなり、成熟して帰ってくるなら、芸能活動にはプラス要因になると見られる。これから本物の男になるスターたちと、本物の男になったスターたちをもう一度応援する。