少女時代もしくは女優“ユナ”として生きること

写真拡大 (全3枚)

「ユナとして生きる気分ですか?」

誰でも一度は想像したことがあるはずだ。韓国のトップグループ少女時代のメンバーで女優の“ユナ”として生きるということを。人々が見つめるユナは、いつも輝いていて綺麗で愛らしくて明るくて快活だ。冗談で「1時間ずっと自撮りをしてそう」と言うと、ユナは笑った。「そんな褒め言葉を聞くためにインタビューに応じた訳じゃないのに」と頬を赤らめた。

「自由気ままに行けないのはちょっと残念です。自由に行こうと思えば行けないこともないですが、ユナの性格はそれを全然気にしないタイプではないのです。友達に『オープンな場所に行っても大丈夫?』と聞かれると申し訳ない気もして。だけど私に気づいて喜んでもらえるとありがたいです」

2007年にデビューしたユナは、数多くの男性たちの理想の女性として、女性たちの憧れの的として、10年にわたって注目され、愛されてきた。ユナが最初に顔を見せたのは、少女時代ではなく2007年7月に放送されたMBCドラマ「9回裏2アウト」だった。よくよく考えてみれば、役者デビューが最初だったのだ。しかしユナは「まだ多くの作品に携わっていないので、10年目の女優とは言えないと思う」と所信を明かした。

「舞台の上にいる時は、キラキラしているユナとして見てもらえるといいなと言う気持ちが大きい」と言うユナは「ドラマの中では真剣に作品に臨む女優として見てもらえると嬉しい」と話した。また、「少女時代として舞台に立つ時は、客席から観客の方々のエネルギーを直接もらうことができるが、ドラマは反応をすぐに確認できないので視聴者の方々が見るユナについて私も気になる」と付け加えた。

「少女時代のセンターと言うより、少女時代のユナという言葉が合っていると思います。少女時代のユナは多少お調子者です。メンバーと一緒にいる時が一番エネルギーが湧き出てきます。その半面、役者としては一人でいるので落ち着いてしまう感じがあります。私は一人でいると考え事が多くなるほうなんです。少女時代の時は、メンバーと一緒にいるというだけでも、考え事を忘れます」

それならば、女優ユナを眺める少女時代のメンバーの反応はどのようなものだろうか? tvN「THE K2」でイメージチェンジに成功したと評価され、女優として足場を固めたユナだけでなく、ユリ、スヨン、ソヒョンなどが女優業を並行している。テヨンやティファニー、ヒョヨン、サニーはソロ曲やバラエティ、ラジオなど、様々な分野で活躍の場を広げている。「少女時代のグループチャットは、メンバーが新しい作品に参加したり、ソロアルバムを出したりするたびに、文字で埋め尽くされる」と笑うユナは「見ているテレビ画面を撮って送る。視聴者として細かくフィードバックしてくれるメンバーもいれば、応援してくれるメンバーもいる。いつも一緒に働いているけれど、ソロ活動の時間になればお互いにチェックしてあげて、いつも誰かが私たちを応援してくれるので、メンバーの中で誰かが私を応援してくれていると思うと力が出る」と話した。また「THE K2」のアンナについての反応を尋ねてみると「今回の作品は、私に関する話より『チ・チャンウク兄さんカッコいい』とか『ソン・ユナ姉さんってなんであんなに綺麗なの?』とか『本当にたくさん学べて羨ましいな』とか、こんな話が多かった」と打ち明け、笑いを誘った。

眩しい照明の下、持ち前の明るさで愛されている彼女だが、10年と言う歳月の中で波乱も経験した。疲れて大変な瞬間もあっただろうが、ユナの答えは意外だった。

「もう10年です。少女時代として本当に良い成績を取ることも多かったし、叶ったことも多くて、おかげで良いところまで上がってこれました。いつも私は良い事しかなかったし、運も良くて、私が持っているもの以上に良い成績を得たことが多いと思っています。少女時代としてはメンバーと一緒にやってきたので、私が全てを成し遂げたとは言えません。だからいつも感謝しながら過ごしていました。傷つく時もありますが、その時に感謝よりも無念さに重点を置くとスランプに陥るかもしれません。だからそのバランスをうまくとって過ごしています。おかげで多少辛いことはあっても、大きく挫折したことはまだありません」